羽生善治も認める「長考に好手なし」――将棋・囲碁で1手に5時間かけた棋士の結末

羽生善治も認める「長考に好手なし」――将棋・囲碁で1手に5時間かけた棋士の結末

 友達や同僚と一局。学校や会社の休み時間に将棋を指すとなれば、だいたいは30分弱で終わるだろう。対戦をマッチングしてくれるスマホアプリ「将棋ウォーズ」だと、各3分と10分の切れ負け、1手10秒の超早指しが基本だ。


 将棋と囲碁のプロ公式戦は、対局者にそれぞれ同じ持ち時間が与えられ、自分が考えた分だけ時間が減っていく。そして、基本的には持ち時間を使いきった場合は秒読みに入り、一手を1分未満に着手しなければならない。短い持ち時間だと1時間以内の早指し戦もあるが、タイトル戦では2日かけて行われる対局もあり、将棋でいちばん長いのは名人戦の9時間。戦う時間が長いからこそ、スタミナが重要で、食事とおやつにも注目が集まるのだろう。


 羽生善治九段は、<短い対局では、すごく良い日もあれば、悪い日もあり、出来不出来の幅が広い。長い対局の方が指した人の正当な実力が出るような気がします>( 『羽生善治 闘う頭脳』 (文春文庫)P23)と述べている。


 時間の使い方は棋士によって個性が出やすい。何気ないところから何時間も考えるタイプもいれば、自分の直感を武器に早指しで鳴らす棋士もいる。


 今回は、将棋と囲碁の時間にまつわる記録、エピソードを見ていく。取材に協力してくれたのは、毎日新聞社の山村英樹さん。毎日新聞社(将棋は名人戦・順位戦と王将戦、囲碁は本因坊戦を主催)で将棋と囲碁を担当して、30年以上がたつ。


■なぜ1手に5時間24分もかけたのか?

あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年6月15日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「囲碁」のニュース

次に読みたい関連記事「囲碁」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。