湯けむり事件簿 草津温泉でにわかに巻き起こった「湯長」廃止騒動

「にっぽんの温泉100選」(観光経済新聞社)で16年連続1位を獲得しつづけている草津温泉にこの5月30日、激震がはしった。


「草津温泉 伝統の『時間湯』指導役の『湯長』廃止へ 来年度から」


 一報を報じたのは地元紙・上毛新聞だった。町内はこの話題で持ち切りとなり、「伝統文化の破壊だ」、「いや、町長による温泉改革の一端だ」と意見が分かれ、町長と湯長側は対立し、一部湯治客を巻き込む騒動になっているという。さっそく草津町に入り、話を聞いてみることにした。


■約48℃の高温泉に3分間、1日3~4回入る「時間湯」

 まずこの時間湯とは、江戸末期から明治初期にかけて成立した、草津独特の入浴法のことだ。48℃ほどの高温泉に3分間、1日3~4回入ることを「時間湯」と呼ぶ。現在は草津町内の「千代の湯」(観光・一般用)、「地蔵の湯」(湯治療養用)の2か所で1回560円、長期だと一か月2万円ほどで入浴することができる。


湯けむり事件簿 草津温泉でにわかに巻き起こった「湯長」廃止騒動

 いわば昔からある民間伝承の荒療治で、入浴を3分という時間で区切るのと、一日のうち決められた時間にしか入れないため「時間湯」と呼ばれるようになったようだ。


 さまざまな病状に効果があるとされるが、現在はとくに寛解が難しいアトピー性皮膚炎をはじめとする慢性皮膚疾患の利用者が多い。行き場のなくなった患者たちが最後にやってくるのが草津の時間湯だと言われている。このような高温浴の湯治方法は、かつて日本各地にあったとされるが、現在は日本の中でも草津温泉にしか残っていない。


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年6月19日の社会記事
「湯けむり事件簿 草津温泉でにわかに巻き起こった「湯長」廃止騒動」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    湯長側は裁判起こせば? 経費や役職に明確な理由や正当な根拠があればできるよね。あ…町会費も流用し芋煮会なんて名目で宴会に浪費してる現状では無理ですね~

    6
  • 毎年数百万円も貰っていたとは! 通報

    町から毎年数百万円も補助金をもらわないと運営出来ないのでは、行政側としても継続は厳しいですよね。

    2
  • 73 通報

    引退後は草津に住みたいと思っていけど少しイメージが悪くなりました。

    2
  • ❹❽♨︎ 通報

    48℃…想像するだけで汗が出る

    1
  • たかが観光客ですが 通報

    湯長問題と言ってますが、大滝乃湯の合わせ湯がとばっちりを受けてぬるい普通の湯になってます。草津温泉にガッカリしました。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら