アニメ制作会社「マッドハウス」でタイムカード過少申告の「忖度」指示

アニメ制作会社「マッドハウス」社員は月393時間働き、帰宅途中に倒れた から続く


「サマーウォーズ」「時をかける少女」などで知られる日本テレビ子会社のアニメ制作会社「マッドハウス」において、長時間労働や残業代未払いが問題となっている。文春オンラインが「制作進行の社員は月393時間働き、帰宅途中に倒れた」と報じたほか、労働基準監督署から是正勧告を受けていたことも明らかになった。


アニメ制作会社「マッドハウス」でタイムカード過少申告の「忖度」指示

■「総労働時間が月250時間を超えないように」

 そのマッドハウスにおいて、労働時間を記録するタイムカードの過少申告が常態化していたことが文春オンラインの取材でわかった。


 現在、ブラック企業ユニオンに加盟し、マッドハウスと団体交渉を行っている現役社員・Aさんが語る。


「昨今の『働き方改革』に対応するため、マッドハウスではウェブを用いた勤怠管理システムを導入しました。毎月頭に前月のタイムカードを社員が申請して、上司である担当プロデューサー、さらに上のチーフプロデューサーの順に承認される仕組みです。ただし、このシステムの導入にあたっては、総労働時間が月250時間を超えないように日々の業務をこなしてくださいと指示がありました。さらには、休憩時間と待機時間をこまめに入力するように、とも。


 ただし、実際には制作状況の悪化にともない、月の総労働時間が250時間以上になることも多々ありました」


■待機時間とはいえ、帰りたくても帰れない

あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年6月24日の社会記事
「アニメ制作会社「マッドハウス」でタイムカード過少申告の「忖度」指示」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    社名に偽りなしやなw 狂った家www

    2
  • 匿名さん 通報

    マッドは老舗の部類に入る。特殊な業種ゆえに、一般から見ればブラックの巣窟である零細企業の集まりのこの業界の中でもまだマシな方だ

    2
  • 匿名さん 通報

    キモヲタのせいで制作サイドのブラック化は深刻になってしまった()

    1
  • 匿名さん 通報

    私も絵を描く仕事をしているが、アニメ業界はそんなものだと知っていたので最初から関わっていない。君子危うきに近寄らず、だ。

    0
  • 匿名さん 通報

    アニメ関係は早死にが多い。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。