利用客1日60人だけ!? 新幹線イチの秘境駅「奥津軽いまべつ」には何がある?

 その駅は、津軽半島の山の中にある。東京から新幹線に乗って3時間30分。それが近いのか遠いのか……「奥津軽いまべつ」という北海道新幹線の駅は全国津々浦々の新幹線の駅の中で最も利用者数の少ない駅である。


利用客1日60人だけ!? 新幹線イチの秘境駅「奥津軽いまべつ」には何がある?

 2016年3月に開業して間もない北海道新幹線、巷間赤字が伝えられているがそれでもやっぱり新幹線。利用者が少ないと言っても1日数百人くらいはいるのではないか……と思って調べてみたら、2016年度はなんと1日平均の乗車人員はたったの約60名だという。いやはや、驚きの少なさである。


■駅で降りたのは数人のサイクリストだけだった

 というわけで、その「奥津軽いまべつ」という駅はいったいどんな駅なのか。新幹線に乗って訪れてみた。東京駅6時32分発の「はやぶさ」1号新函館北斗行。それに乗って約3時間半、新青森駅の次の駅が目的の奥津軽いまべつである。その段階ですでに車内はガラガラで、北海道新幹線の現状を垣間見つつ新幹線随一の秘境駅に降り立った。筆者の他には、幾人かのサイクリストが降りただけ。津軽半島の山間に建つ駅舎は開業から3年あまりが経った今でもピカピカで、新築の香りに満ちていた。


 前述の通り奥津軽いまべつ駅は、北海道新幹線の駅だ。つまり、JR北海道の駅ということになる。駅名標にも萌黄色の「JR北海道」のロゴが刻まれているし、駅員さんもJR北海道の社員、駅舎内のポスターやらもみな、北海道仕様である。だからなんとなく北海道に来たような気分になってしまうが、実際はまだギリギリ本州の最果て。新幹線は奥津軽いまべつ駅を出て少しすると、青函トンネルに潜って津軽海峡を越えてゆく。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年6月24日の社会記事
「利用客1日60人だけ!? 新幹線イチの秘境駅「奥津軽いまべつ」には何がある?」の みんなの反応 6
  • ふくまん 通報

    興味ある駅です。 来客増えるようなアイデアを持ち寄るといいですね。

    4
  • 匿名さん 通報

    文芸春秋社は、いい加減に元朝日新聞の記者に謝罪してきたらいかがでしょうか。

    2
  • 匿名さん 通報

    文芸春秋社の手口は、吉田清治たった一人が強制連行について嘘をついただけで、何十万件どころではない日本軍の犯罪を全部なかったかのように印象付けること。文春は人間のクズ。

    2
  • 匿名さん 通報

    過去にも文芸春秋社は、写真2、3枚の誤用があっただけで731部隊の人体実験全てを「なかった」ことにしようとした。いつも同じ卑怯な手口の文芸春秋社。

    2
  • 匿名さん 通報

    カネをつかませて芸能人のスキャンダルを買う文芸春秋社。それを買う馬鹿がまだいる。笑

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。