いま長澤まさみが女性にウケる理由 「コンフィデンスマンJP」がフジを救った

「昨年のドラマ版クランクイン直後、NHK大河ドラマ『真田丸』(16年)以来の共演となった小日向さんが長澤さんに放ったひと言は『で、いまカレシ誰なの?』。そのストレートパンチを長澤は華麗に受け流した(笑)。要はすごく仲がいい」(スポーツ紙記者)


いま長澤まさみが女性にウケる理由 「コンフィデンスマンJP」がフジを救った

◆ ◆ ◆


 昨年4月からフジテレビの“月9”で放送された「コンフィデンスマンJP」。天才詐欺師・ダー子を長澤まさみ(32)、お人好しの詐欺師・ボクちゃんを東出昌大(31)、ベテラン詐欺師・リチャードを小日向文世(65)が演じたこのドラマは、キャスト陣のチームワークのよさも手伝ってか平均総合視聴率15.1%を達成。


 その勢いを受けて映画版が製作、5月に公開された。


「公開から3週間で20億円近い興行収入、観客動員150万人突破の大ヒット。その御礼の舞台挨拶ではサプライズ発表も。長澤が『なんと、映画第2弾の製作が決定しました。マジです!』と発表すると、観客からは歓声があがりました」(芸能デスク)


 テレビの視聴率競争で辛酸をなめ続けるフジテレビにとって、同作はまさに“救世主”だという。


「映画化の宣伝にインスタグラムを使った人気スイーツ店とのコラボ企画なども活用し、その狙いが女性客に当たり、ヒットした形。フジにとっては長澤さまさまでしょう」(前出・スポーツ紙記者)


■「コンフィデンスマンJP」が“30代の代表作”に

 12歳で「東宝シンデレラオーディション」のグランプリを射止め、芸能界デビューした長澤。『世界の中心で、愛を叫ぶ』(04年)のヒロイン役などで一躍若手女優ナンバーワンの座に駆け上がった彼女も、はや30代。これまでは二宮和也、EXILEのAKIRA、伊勢谷友介などとの熱愛が先行しがちだったが、「コンフィデンスマンJP」のヒットが一皮剥けるチャンスになりそうだと指摘するのは芸能ジャーナリストの二田一比古(ふただかずひこ)氏だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 長澤まさみ CM
  2. 長澤まさみ Instagram
  3. 長澤まさみ キングダム
長澤まさみのプロフィールを見る
文春オンラインの記事をもっと見る 2019年7月2日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「長澤まさみ + 映画」のおすすめ記事

「長澤まさみ + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「長澤まさみ + CM」のおすすめ記事

「長澤まさみ + CM」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「桐谷美玲」のニュース

次に読みたい関連記事「桐谷美玲」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。