男性の体で生まれた15歳“少女”の苦しみと成長

 男性の体で生まれた15歳の少女ララは、家族の支えと血の滲(にじ)むような努力でバレエ難関学校に入学する。だが理想の“少女”像を追い求めるララは、クラスメイトの嫉妬や嫌がらせにより心身ともに追い詰められていく――。


 28歳の俊英、ルーカス・ドンによる映画『Girl/ガール』がカンヌ他各地で話題を攫(さら)っている。主人公ララのモデルは、実際にベルギーでバレリーナを目指していたトランスジェンダーの少女ノラ。当時18歳のドン監督は、新聞記事で知ったノラの半生に感動し、いつか映画にしようと決意した。


男性の体で生まれた15歳“少女”の苦しみと成長

「ノラのドキュメンタリーや伝記にはしたくなかった。描きたかったのは、誰もが思春期で体験する、自己イメージと現実との間で引き裂かれる苦しみと成長の物語です」


 ノラも脚本執筆時から関わっていたが、当初は名前を表に出すことを躊躇していた。


「映画の完成と共に、彼女も自分のアイデンティティと折り合いをつけていったようです。自分の物語を伝えることに誇りを持ち、もう陰にいるのはやめようと決めたんです」


 絶賛の一方で、ララを演じた新人ビクトール・ポルスター自身がトランスジェンダーではないことに当事者コミュニティからの批判も起きた。“性別を超越した美しさ”と話題のビクトールは、アントワープ・ロイヤル・バレエ・スクールに通う現役のトップダンサー。1年半、ララ役が決まらなかったとき、ダンサー役の集団オーディションに訪れ、監督の目にとまった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年7月11日の芸能総合記事
「男性の体で生まれた15歳“少女”の苦しみと成長」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    トランスジェンダーの役をトランスジェンダー以外が演じたら批判するとか馬鹿なのだろうか?演技がおかしかったなら批判もしょうがないが、性別がどうしようもないのを自分たちが一番知ってるはずなのに。

    5
  • 匿名さん 通報

    え、苦しむこと自体差別じゃない。

    3
  • 匿名さん 通報

    22:41何言ってるんだこいつは。

    0
  • すけたね 通報

    際物

    0
  • 匿名さん 通報

    トランスジェンダーの人をトランスジェンダー以外の人が演じることについては 当人達的には黒人を元に白人が演じるくらいの違和感があるのでしょう。 馬鹿というのは想像力の欠如を感じます。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「島崎遥香」のニュース

次に読みたい関連記事「島崎遥香」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「北原里英」のニュース

次に読みたい関連記事「北原里英」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「柏木由紀」のニュース

次に読みたい関連記事「柏木由紀」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。