“さっさと帰るあいつの仕事、結局オレが全部やっている” 江戸時代の日記が面白い

“さっさと帰るあいつの仕事、結局オレが全部やっている” 江戸時代の日記が面白い

「江戸時代は、色々な種類の史料がたくさん残されている時代です。裁判記録はもちろん、村の庄屋がつけた日記も残っています。侍も、同僚のことを罵(ののし)って“さっさと帰るあいつの仕事、結局オレが全部やっている”などと愚痴を日記に書き付けていたりします。10年以上、古文書を読む仕事をしてきましたが、そういうごく普通の人々の暮らしを知ることが、私にはとても面白いんです」


 と、日本近世史を専門とする歴史学者の尾脇秀和さんは語る。10年にわたる研究成果を『壱人両名』として最近刊行した。いまの日本では、戸籍は一人一つしか持てない。ところが江戸時代には、百姓や町人でありながら武士であったり、あるいは武士でありながら町人であったり、複数の名前や身分を同時に持っている人たちが結構いた。


 尾脇さんがその存在に気がつくきっかけになったのは、京都郊外の農家、大島家の古文書だった。


「もともとは江戸時代の村医者の研究のために古文書を調べていました。大島家は利左衛門と名乗る百姓ですが、一方で公家には侍として、大島数馬と名乗り仕えていた。名前だけ見ると別人なのですが、古文書の名前の筆跡も実印も同じであることに気がつき、あれ、この百姓と侍は同じ人じゃないか、それも同時に2つの名前を使い分けている、と。その後、当時こうした形態が壱人両名と呼ばれていたことがわかり、これを調べはじめたのですが、出るわ出るわ(笑)。百姓の彦兵衛が、別の村では同時に仁左衛門でもあったりと、いろいろなケースが出てきました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年7月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。