韓国レーダー照射事件、中国の海洋進出……数多の危機を乗り越えた前自衛隊トップの「リーダー論」

「自衛隊のトップとして、私が肝に銘じていたことがあります。それは一度ミッションが動き出したら、中央にいる私が細かい干渉を極力しないようにすること。現場のニーズは現場がわかっている。もちろん方向が違っていれば指導しますが、現地部隊を信頼し任せられるものは任せる。私は、これがリーダーの条件ではないかと思っています」


 2014年10月から2019年4月1日まで、自衛隊制服組のトップである統合幕僚長を務めた河野克俊氏(64)。安倍晋三首相の信頼は厚く、3度の定年延長を経て、今春退官した。


韓国レーダー照射事件、中国の海洋進出……数多の危機を乗り越えた前自衛隊トップの「リーダー論」

 そんな河野氏が、 「文藝春秋」8月号 で、40年以上にわたる自衛官としての歩みと今後の自衛隊について語った。北朝鮮などの近隣諸国の動向を含め常に緊張感を持った対応を迫られる中、自衛隊22万人の先頭に立ってきた指揮官は、「人の上に立つべき者の資質」について次のように語る。


■役職があがったら、細部に拘泥してはいけない

「階級が低いうちは1つの仕事を徹底的に極めることが求められますが、徐々に役職があがり、任される範囲が広くなってくると、細部に拘泥してはいけない。『ここは』という場面は自分で判断するが、それ以外は任せる。細部まですべてを見ようとすると、細部に足を引っ張られて大事を見失う可能性があるからです。リーダーは何が本質かを見極めることが求められます」


 では、その本質を見極めるにはどうすればいいのか。


■『坂の上の雲』から学んだこと

あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年7月19日の社会記事
「韓国レーダー照射事件、中国の海洋進出……数多の危機を乗り越えた前自衛隊トップの「リーダー論」」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    日本軍が沖縄の住民に自決を命令したのは、命令されて生き残った人が証言している。それなのに自衛隊を回って「日本軍はそんな命令はしていない」と「講演」している小僧がいる。

    2
  • 匿名さん 通報

    で、文春の記者は「慰安婦ジャン」は読んだのか。

    1
  • 匿名さん 通報

    講演している小僧はもちろんその時代には「生まれていない」。生まれてもいない人間がなんで現場にいた人の証言を「ウソだ」と言えるのか。人間のクズだな。

    1
  • 匿名さん 通報

    森喜朗の父親は中国で「こいつは目つきが悪いから便衣兵」などと無茶苦茶な言いがかりで殺したことを白状している。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。