竹島、そして尖閣諸島……“叩き上げの海猿”元海保トップが語る「島国日本はこう守る」

「日本は四方を『海』に囲まれています。こういうと、『今さら指摘されることではない』とお叱りを受けそうですが、その意味を改めて考えていただきたいのです」


 こう語るのは、元海上保安庁長官の佐藤雄二氏(65)だ。佐藤氏は海上保安大学出身。巡視船「いず」三席通信士からキャリアを始め、2013年、それまでは国土交通省キャリアが就いてきた海上保安庁長官に、現場出身者として初めて任命された。2016年6月に退官。今年7月、40年にわたる自らの海保人生を綴った自伝『 波濤を越えて 』を刊行した。


竹島、そして尖閣諸島……“叩き上げの海猿”元海保トップが語る「島国日本はこう守る」

■“海猿”は日々どんな任務をこなしているのか?

 海上保安庁は、大ヒットした映画「海猿」の影響で、一躍脚光を浴びる存在となった。しかし、彼らが日々どのような任務をこなしているのか、実は余り知られていない。“叩き上げの海猿”とも言える佐藤氏が、島国日本を警備する海上保安庁の仕事を語った。


竹島、そして尖閣諸島……“叩き上げの海猿”元海保トップが語る「島国日本はこう守る」

「『海』が平和で安定した状態にあればいい。しかし残念ながら、現状はそうではありません。そもそも、戦後70年以上経つ今でも、『海の国境』が(隣国も同意するような形では)定まっていないからです」


「つまり、日本の四方を囲む『海』は、いつトラブルが発生してもおかしくない状態にあるのです。そうしたトラブルを未然に防ぎ、トラブルが生じた場合にはそれを最小限に抑える――これが、私が奉職してきた海上保安庁での仕事です」


■尖閣諸島沖に中国漁船が出没。その時……

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 竹島 観光
  2. 竹島 韓国
文春オンラインの記事をもっと見る 2019年7月25日の社会記事
「竹島、そして尖閣諸島……“叩き上げの海猿”元海保トップが語る「島国日本はこう守る」」の みんなの反応 15
  • 匿名さん 通報

    国交省の証券詐欺海保は革マル立憲からスカウトされてるそうだな?防衛省へ送り込んでやると革マル立憲に唆されてるんだろ?未だに証券詐欺海保職員が現職で詐欺やってるらしいな?不動産殺人もやってるらしいな?

    4
  • 匿名さん 通報

    火器管制レーダー不動産殺人容疑で税金泥棒の海自海保の削減は必須だろ?現在の海自海保はほぼ極左革マル中核と極右勝共連合だそうだからな?革マル東京第一第二中核静弁護団の影響だな?

    4
  • 匿名さん 通報

    にちなんキチyガイ女海自?

    4
  • 匿名さん 通報

    生存していたら91歳だった池田大作死体遺棄損壊罪の創価学会だろ?後9年で池田大作100歳だな?不自然な創価学会だ

    4
  • 匿名さん 通報

    創価学会の原田穣は中核派全学連の中核派だからな?キチ:ガイな中核派創価学会だ

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「竹島 + 韓国」のおすすめ記事

「竹島 + 韓国」のおすすめ記事をもっと見る

「竹島 + 観光」のおすすめ記事

「竹島 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら