実況アナの球種まちがい問題……大瀬良大地と九里亜蓮が教えてくれた判別のヒント

 カープ戦の実況を担当するようになって19年、大きなミスもあれば小さな言い間違いもしてきた。いまだに難しいのが、ピッチャーの球種の判別である。特にラジオ中継では、一球一球の球種を可能な限り伝えたいと思っている。近年は、カットボールにツーシーム、さらにはワンシームも登場し、困難さは増すばかりである。


「中継のVTRを見ていて、球種の言い間違いですか? ありますね」と爽やかな笑顔で語るのが、エースの大瀬良大地だ。しかし、ここからのフォローに癒される。「フォークと縦のカットボールとかの間違いが多いですかね。でも、実況でも間違うということは、打者も多少なりとも判別が難しいということでしょう」。


 前向きな思考にエースの風格を感じるが、大瀬良には、間違えて欲しくない球種もあるという。「スライダーとカットボールの間違いですね。カットは自信のある球で、スライダーはそんなに自信が大きいわけではありません。なので、ここを混同されてしまうと、ちょっと自信を失ってしまいますね」。


 少し寂しそうな表情を見ると、この2球種だけは、最大限の注意を払って見極めようと心に誓うのであった。


実況アナの球種まちがい問題……大瀬良大地と九里亜蓮が教えてくれた判別のヒント

■さらなる強敵 10球種を操る九里が語る“判別のヒント”

 カープにはさらなる強敵がいる。リリーフに先発にフル回転、無尽蔵のスタミナで7月は月間防御率2.81、8月も勢いは衰え知らずの九里亜蓮である。縦横、緩急、一説によると10球種を操るとも報道されている。不敵な笑みが頼もしい九里にも、正直な意見を求めてみた。「坂上さんの中継、見ましたよ。確かに、球種の間違いはありますね」。ならばと、判別のヒントを乞うてみた。「ツーシームは左打者に逃げ落ちます、フォークは落ちるときに少しスライダー気味のことがあり、チェンジアップは球速が違いますよね……」。その説明を頭に叩き込んで実況することは困難だが、こんなにも実直に説明を与えてくれる彼の人柄の良さは何としても伝えたいと思う。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年8月9日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら