森友取材でNHKを追われた記者が「『NHKをぶっ壊す』に賛同しない」理由とは

「NHKをぶっ壊す」……強力なメッセージだ。NHKには常に批判がつきまとう。権力寄りだという批判、あるいは左翼や反日に偏っているという批判、両側から批判にさらされる。受信料で成り立つ公共放送の宿命でもある。


■立花氏の「N国党」は、なぜ支持を集めたのか?

 だが、元NHK職員の立花孝志氏が「NHKから国民を守る党」(N国党)の党首として掲げた「NHKをぶっ壊す」というスローガンは、これまでの批判とはまったく異なる意味合いを持つ。具体的な公約としてはNHKの放送のスクランブル化を掲げているが、それは公共放送ではなくなることを意味するので、事実上、公共放送NHKの解体と同じである。


 もっとも、立花氏がN国党を立ち上げた6年前は、さほど注目を集める存在ではなかった。東京都知事選で「NHKをぶっ壊す」と連呼したことが関心を呼んだが、政治勢力として注目を集める存在とは言えなかった。


森友取材でNHKを追われた記者が「『NHKをぶっ壊す』に賛同しない」理由とは

 潮目が変わったのは、この4月の統一地方選挙だ。47人が立候補し26人が当選した。これは立派な政治勢力だ。その勢いで7月の参院選にうって出た結果、立花氏が初当選して国会に議席を得ただけではなく、政党要件を満たす得票を集めた。


 その後は、「戦争発言」で日本維新の会を除名された丸山穂高衆議院議員を入党させ、渡辺喜美参議院議員と新会派を組むなど、意表を突く手を次々に繰り出し、すっかり注目の的になっている。


 一体何が潮目を変えたのだろう? 私は、NHK自体ではないかと思う。私がNHKで森友事件の取材をしていたおととしから去年にかけて、上層部から相次いだ、政権に不都合なニュースに対する圧力。私がNHKを辞めた後も「政権忖度」どころか「政権ヨイショ」とでも言うべきおかしな報道が続いている。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年8月12日の社会記事
「森友取材でNHKを追われた記者が「『NHKをぶっ壊す』に賛同しない」理由とは」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    NHKが政権忖度や政権ヨイショするわけないでしょ。電通としばき隊に支配され、安倍首相を睨みつけて挨拶もしないインタビューやっちゃうんだぜ。有馬とか桑子とか。ぶっ壊れていい放送局。

    7
  • 匿名さん 通報

    賛成、安倍チャンネルから脱却して公共放送に回帰してほしい、そうすれば喜んで受信料を払う。立花氏が渋谷局に乗り込んで管理権の行使云々で警察沙汰になっていたが、自民党議員が来たら手もみして大歓迎しただろ。

    7
  • 匿名さん 通報

    誰も頼んでもいない放送システムを構築して、放送枠を埋めるために番組を無理やり企画して、さも忙しそうにして、挙句お金が足りませんなどと言い張るところが気に入らないのだ。

    7
  • 匿名さん 通報

    国会や政権と完全に切り離す・・・素晴らしい。けど誰がそれを実現する?

    6
  • 匿名さん 通報

    テレビを視聴しない、短時間のみ。が増えたのに、それに呼応した対応を取らないから視聴者の一部がブチ切れた。視聴する時間が減ったんだから、合理化すべき!現行体制維持しようと考えるから、あちこちから受信料!

    5
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら