「数字を持っているから叩きます」N国党・立花孝志党首の本当の恐ろしさは“緻密な戦略”にある

「私のような人間が当選するのは、あまり好ましい事ではないと思っている。いわゆる潰すとか、スクラップする人間。でも多くの方が、NHKの問題に関心を持たれた。私が一旦NHKを潰すことによって、新しいものを作っていく事を国民の多くが望まれたのだと思っています」(立花孝志・2019年8月2日 日本外国特派員協会・記者会見 )


■国政政党として「NHKをぶっ壊す!」

 2019年7月の参院選で「NHKから国民を守る党」(N国党)は1議席を獲得。地方議会にはすでに28議席を当選させていたN国党は、政党要件も満たし晴れて国政政党となった。その後、元日本維新の会の丸山穂高衆議院議員が入党し、旧みんなの党代表の渡辺喜美参議院議員とは統一会派を組むなど、「NHKをぶっ壊す!」べくさらに党勢を拡大させている。


 また、N国党・立花孝志党首は、マスコミ・芸能人への攻撃も始め、「ぶっ壊す!」の対象はNHK以外にも拡大の様相を呈している。


「数字を持っているから叩きます」N国党・立花孝志党首の本当の恐ろしさは“緻密な戦略”にある

■「泡沫候補」としても規格外だった

「5年前は、選挙に勝ちたいというよこしまな気持ちがあった」(立花孝志・2019年8月2日 日本外国特派員協会・記者会見)


 選挙において、組織の応援がなく、当選の見込みのない候補者のことを、泡のように消え去る「泡沫(ほうまつ)候補」と呼ぶ。代表的な泡沫候補としては、スマイル党マック赤坂氏がいた(2019年4月に当選し、現在は東京都港区議会議員)。


 私は2013年に公開したドキュメンタリー、『映画「立候補」』の制作過程において、マック赤坂氏を中心に多くの泡沫候補を取材した。その経験から言っても、N国党・立花党首は規格外の「泡沫候補」だった。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年8月20日の社会記事
「「数字を持っているから叩きます」N国党・立花孝志党首の本当の恐ろしさは“緻密な戦略”にある」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    NHKはネット回線を契約してれば受信料取りますとか言い出しかねないから立花に期待するしかないんだよな

    8
  • 匿名さん 通報

    既存政党よりマシなんだよ基地のほうがwww。

    3
  • 匿名さん 通報

    NHK(笑)

    2
  • 匿名さん 通報

    個人的には全くお前に期待はしてないけど既存政党のクズさ加減に嫌気がさした一票だったね。れいわでもいいんだけどさ。

    2
  • 匿名さん 通報

    こういう基地なやつに投票する東京人w

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。