青森県八戸グラドル市議の「公選法違反」疑惑写真

 青森県八戸市議の久保百恵氏(33)が、ご当地アイドルの中学生、高校生を選挙運動に従事させていたことが「週刊文春」の取材でわかった。未成年者の選挙運動を禁止する公職選挙法に違反する疑いがある。


青森県八戸グラドル市議の「公選法違反」疑惑写真

 久保氏は青森の県立高校を卒業後、東京でグラビアアイドルとして活動したが、2009年以降は故郷の八戸に拠点を移して、百香としてタレント活動を行なっていた。2015年4月、八戸市議会議員選挙に初出馬し、定員32人中3位で当選した。市議1期目の任期中に結婚と出産を経て、今年4月、八戸市議に再選された。


 週刊文春が入手した写真は、青森県内で活動する“pacchi”というアイドルユニットの3人が久保氏らと選挙カーの前で撮影したもの。もう1枚の写真は、そのうちの1人がのぼり旗を両手でしっかり握っている。3人の年齢は15歳ないし16歳だ。


 久保氏の後援会長で、pacchiが所属するモデル事務所「トゥインクル」の代表を務める黒島弘康氏が、小誌の取材にこう答えた。


「私は百香の後援会長でもあります。3人の未成年者を迎えに行き、選挙の出陣式にもついてきてもらった。写真は記念撮影のつもりでした。選挙に関してすべて私に責任があります。事務所のみんなに百香を応援して欲しいと声かけはした。でも、選挙運動は強制していません」


 久保氏に取材を申し込んだが、回答はなかった。


 公選法では18歳未満の者の選挙活動を禁じている。公選法に詳しい岩井奉信教授が解説する。


「のぼり旗を持って表に立つのは運動員とみなされるため、公選法に抵触します」


 8月21日(水)発売の「週刊文春」では疑惑の写真や、久保氏の人物像について報じている。


(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年8月29日号)


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年8月20日の社会記事
「青森県八戸グラドル市議の「公選法違反」疑惑写真」の みんなの反応 12
  • 匿名さん 通報

    記事よりコメ欄がくせぇwwwwwwwww

    2
  • 匿名さん 通報

    公職選挙法は悪くて、中国人を生体実験に使うのはいいのか。

    2
  • 匿名さん 通報

    公職選挙法違反は悪くて新潮からゲラをかっぱらうのはいいのか ドロボー

    1
  • 匿名さん 通報

    森喜朗の親父が南京の現場で何をやったかゲロしているのに、南京虐殺はなかったかのようなデマを拡散するのはいいのか腐れ文春。

    1
  • 匿名さん 通報

    山手線・新宿~田町間だったら、1車両に2~3人はご乗車されていそうなのですが?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。