「表現の不自由展」で炎上。あいちトリエンナーレの「歴史ネタ」はなぜ面白いのか?

 先日、あいちトリエンナーレ(あいトリ)に行ってきた。結論からいうと、軍歌、君が代、教育勅語、プロパガンダなど、自分好みの歴史ネタがあちこちで使われていて、たいへん面白かった。こんなに「海ゆかば」を聞いたのは、終戦記念日靖国神社以来かもしれない。


 現代美術というと難解で意味不明だと毛嫌いする向きも少なくないけれども、どうしてどうして、一介の歴史好きでも十分に楽しめるものだった。


「表現の不自由展」で炎上。あいちトリエンナーレの「歴史ネタ」はなぜ面白いのか?

 あいトリについては、「表現の不自由展・その後」の関係で炎上していることばかりネットでは取り上げられる。しかし実際の会場は、事前の印象とは大きく状況が異なっていた。


■特攻隊員も利用した旅館が会場に

 あいトリの会場は、名古屋市と豊田市に分散している。そこで私はまず、豊田市に向かった。


 現在の豊田市浄水町には、かつて海軍の飛行場があった。アジア太平洋戦争の末期、ここで神風特別攻撃隊草薙隊も編成された。今回、この草薙隊の歴史を参照した作品があると聞き、まず行くならばここだろうと思ったのである。


 場所は、豊田市駅から500メートルほど西にある喜楽亭。案内板によれば、「明治後期から続いた料理旅館」であり、「戦前には養蚕業、戦後には自動車産業の関係者が多く利用」したという。


 もともとこの旅館は、豊田市駅の東側で1967年まで営業していた。残っている建物は大正から昭和初期にかけて建てられたもので、1983年に豊田市に寄贈されたのち、現在の場所に移築・復元された。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年8月21日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「靖国神社」のニュース

次に読みたい関連記事「靖国神社」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。