阪神・福留孝介が元相撲部記者のお腹をさすってホームラン!? 奇跡を呼ぶ“幸福のお腹”伝説

 初めまして、ちゃんこ長谷川と申します。チャリコ遠藤先輩の依頼を受け、虎番2年目の僕が今回「阪神と相撲」という繋がりそうにないテーマで書いていきます。 


 まずは簡単な自己紹介からさせていただきます。1994年、愛知県生まれの24歳。阪神で言えば藤浪、北條、近本、木浪らと同世代になります。小学2年から相撲を始め、高校は愛工大名電高校に進学して最高成績は全国ベスト32。その後、立命館大学でも4年間相撲を続け、角界で活躍する御嶽海、炎鵬といった力士とも対戦を経験しましたが、野球とは無縁の生活でした(高校時代は野球部の応援をしていましたが……)。


阪神・福留孝介が元相撲部記者のお腹をさすってホームラン!? 奇跡を呼ぶ“幸福のお腹”伝説

■体重138キロ 「角界」から「球界」へ

 そんな私はスポニチに入社して2年目の春に阪神タイガース担当となり、「角界」から「球界」へ主戦場を移すことになったのですが、初めて訪れた2軍の本拠地・鳴尾浜球場で矢野監督(当時2軍監督)と対面するやいなや、巨体を見てニヤリと笑った指揮官から「相撲やってたん? じゃあ、今日からちゃんこって呼ぶわ」と“初顔合わせ”でちゃんこと命名されて記者生活がスタートしました。 


 当然ながら、相撲経験者は記者でも珍しいようで、鳴尾浜にある大きな柱の前で選手を待っていると、矢野監督が通る度に「テッポウしてみて」と相撲の稽古にまつわる動作の指令を受け、今年の春季キャンプでは組み合って相撲を取って「寄り切り」で白星をつかむことができました(笑)。「やっぱりテッポウと一緒で、ゴロ捕球も下から上の動きが大事なんだ」。下半身から上半身へ力を伝える理論は野球にも通じるようで矢野監督も“下から上”の重要性を強調していたことを思い出します。


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年9月14日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら