韓国の怒り「パラ五輪メダルが旭日旗を連想」論争が抱える“3つの危うさ”

■「戦犯旗」と名指しされる旭日旗はいつ復活したのか?

 もちろん、韓国で「日本の軍国主義・帝国主義・植民地支配の象徴」=「戦犯旗」として名指される旭日旗は、多くの場合、旧日本軍の連隊旗や軍艦旗だろう。多少デザインは異なるが、日の丸から16本の光線が出ているものがそれだ。


韓国の怒り「パラ五輪メダルが旭日旗を連想」論争が抱える“3つの危うさ”

 その歴史は、1870年にさかのぼる。明治新政府はこの年、太政官布告で商船用国旗、陸軍用国旗、海軍用国旗の3つを定めた。このうち、商船用と海軍用は日の丸で、陸軍用は旭日旗だった。海軍用国旗は1889年に改訂され、旭日旗となった。これにより、「国旗は日の丸、軍旗は旭日旗」の使い分けが成立した。


 その後、長らく旭日旗は日本軍の象徴だったが、アジア太平洋戦争の敗戦によってお蔵入りになった。復活したのは、ようやく1954年のことだった。自衛隊の発足時に、海自が旧軍艦旗を自衛艦旗として採用したからである。


 なお陸自は自衛隊旗として、「日の丸から8本の光線を放つ旗」を採用した。旧海軍で使われた大将旗のデザインに近い。これも旭日旗と呼ぶか、あるいは「戦犯旗」と捉えるかは、定義と解釈の問題だろう。


■「旭日旗=ハーケンクロイツ」は無理筋

 韓国では、この旭日旗を「戦犯旗」と呼ぶだけではなく、ナチ党旗のハーケンクロイツと同一視する動きもあるという。しかし、歴史的な経緯を踏まえると無理があるといわざるをえない。


 ハーケンクロイツは、いわゆる逆卍のデザインである。ドイツでは19世紀より愛国的な運動で使われていたが、1920年、ナチ党のシンボルに正式採用された。そしてヒトラーが政権を握ってのちの1935年、帝国国旗法により唯一の国家シンボルに定められた。このようにハーケンクロイツはナチの象徴となったため、ナチ政権の崩壊後は排除・禁止された。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年9月12日の社会記事
「韓国の怒り「パラ五輪メダルが旭日旗を連想」論争が抱える“3つの危うさ”」の みんなの反応 64
  • 匿名さん 通報

    オリンピックもパラリンピックもボイコットしてください。それが見識ある日本人の考え方です。

    22
  • 匿名さん 通報

    韓国の駄々っ子にはうんざりだよ、赤ちゃん。

    14
  • 匿名さん 通報

    >ドイツは反省しているのに日本は逆ギレ、って世界中から軽蔑されてるよ。   ← 暑くて脳が湧いてるのか?とっとと帰れよ、キミに日本にいてほしいなんて誰も頼んでない。

    14
  • 匿名さん 通報

    やっぱ半島の血が流れてると熱くなるんだな。いつも一気に10個くらいコメント書き込んでる。せっかくのお昼休みに。

    13
  • 匿名さん 通報

    心の底から韓国が嫌いだ。

    13
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら