安倍晋三「ポエム演説」と河野太郎「ツイッターブロック」に見る政治家の姿勢

「ネット住民も呆れた 安倍の『ポエム演説』」(日刊ゲンダイ9月9日付)という記事があった。


「ウラジーミル。君と僕は、同じ未来を見ている。行きましょう。ロシアの若人のために。そして、日本の未来を担う人々のために。ゴールまで、ウラジーミル、2人の力で、駆けて、駆け、駆け抜けようではありませんか。」


 安倍首相のウラジオストクでの東方経済フォーラム演説(5日)に対し「これってポエムだろう」とネット住民が呆れ果てている、とゲンダイ。しかしよく読んでみると、


《ほとんど“青年の主張”のような演説で、領土返還を迫る“迫力”はどこにもなかった。》


安倍晋三「ポエム演説」と河野太郎「ツイッターブロック」に見る政治家の姿勢

 負けずに呆れていたのはゲンダイだった。もっと強い反応をしたのは産経だ。


 プーチン大統領があてつけのように「北方領土・色丹島での水産加工工場稼働を祝う式典に、中継映像で参加」したことを取り上げ、


《安倍首相はプーチン大統領と親しいというが、会談を重ねた結果がこの仕打ちである。》


《さっさと帰国した方がよかった。》※社説「日露首脳会談 どうして席に着いたのか」9月6日


 ゲンダイ師匠が呆れ、産経師匠が激おこぷんぷんだった対ロシア外交。


■読売「検証 安倍外交」が興味深い

 実は今回の首脳会談の前に「検証 安倍外交」という短期連載が読売新聞で書かれていた(全7回)。これが非常に面白かったのだ。


 第1回は安倍外交の特徴の一つ、「トップ外交」について(8月28日)。


 読売は基本的に評価しているのだが記事の後半に、


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年9月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら