目黒女児虐待死裁判 母親「死にたい」と発言、作戦と本音が混在か

記事まとめ

  • 東京都目黒区の女児虐待死事件の被告人質問で、母親が突然「死にたいです」と発言。
  • 当初は夫の心理的支配を強調していたが、裁判が進むにつれ自分を責める言動も。
  • 泣き叫ぶ場面もあり、被告としての作戦と本音が混在しているように見えるという。

身体には170の傷やあざ……結愛ちゃん虐待裁判、母の「死にたい」は本音か作戦か

「……死にたいです」


 東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)を虐待し死なせたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われている母親の優里被告(27)。9月3日から東京地裁で開かれている裁判員裁判の被告人質問で、弁護人の問いかけに呆然とした様子でつぶやいた。


身体には170の傷やあざ……結愛ちゃん虐待裁判、母の「死にたい」は本音か作戦か

 社会部記者の解説。


「弁護人は、刑期を終えてからの生活について質問したようですが、優里は突然、うつむいたまま固まってしまった。何度か声をかけられ、やっと出たのが冒頭の言葉。弁護人も『今、死にたいの?』と聞き返すなど驚いた様子でした」


 優里は、結愛ちゃんに十分な食事を与えず、夫の雄大被告(34)の暴行も放置して死亡させたとして起訴された。初公判で弁護人は、雄大の「心理的支配下にあった」と主張。優里も「雄大の報復が怖くて通報できなかった」などと訴えた。


 ところが裁判が進むに連れ、優里の発言は不安定に。雄大の影響を強調しつつも、ふいに自分を責める言動も飛び出すようになる。


「証人尋問では、結愛ちゃんを診察していた小児科の女性医師が証言。『つらかったのはわかるが、罪を軽くしてほしいとは全く思わない』と結愛ちゃんの立場から厳しく指摘すると、苦しそうにむせび泣いていました」(同前)


■消防隊員も涙を浮かべた凄惨な現場

 裁判では雄大とはすでに離婚し、残された息子の親権者になっていることも明らかに。弁護人としては「死にたい」気持ちより、刑期終了後に息子を養育する意思を裁判官らに見せたかったはずだが、「怒りを雄大にぶつけるべきじゃないし環境のせいでもない。どうやって償っていいか分からない。どうすればいいか助けてほしい」と高い声で泣き叫ぶシーンもあった。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年9月14日の社会記事
「身体には170の傷やあざ……結愛ちゃん虐待裁判、母の「死にたい」は本音か作戦か」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    たった8年…?結愛ちゃんに与えた絶望と悲しみ、苦しみ、飢え、寒さ、痛みが、たったの8年? ありえない。

    4
  • 匿名さん 通報

    継父よりもこの母親に憤りを感じる。被害者ぶってんじゃねーよ。親権なんかとるなよどーせまた再婚するんだろうが。子供産めない歳まで入っとけや

    2
  • くう 通報

    母は一生後悔するはず。問題は雄大。大麻に逃げサンドバッグがわりにし弱い者に正論述べ威厳を保った。170以上の傷は傷害罪レベルではなく殺人。刑を重くし世間に虐待の罪の深さを思い知らせるべき。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら