誰もが“あおり運転”の加害者になりうる? 「怒りの感情と上手に付き合う方法」とは

 常磐自動車道で煽り運転とそれにともなう殴打事件が発生し、運転していた男が逮捕された。ドライブレコーダーがあったことで事件が映像で記録されたことの影響が大きい。東名高速道路でも、あおり運転をした上に、エアガンのようなものを発射したことで男が逮捕された。


 こうしたあおり運転が社会問題化する中で、厳罰化という話も出てきた。ドライブレコーダーも売れているという。しかし、運転手の「感情をコントロールする」側面からの取り組みもある。日本アンガーマネジメント協会の安藤俊介代表理事に話を聞いた。


誰もが“あおり運転”の加害者になりうる? 「怒りの感情と上手に付き合う方法」とは

■「怒らない」のではなく「上手に怒る」

――アンガーマネジメントとはなんでしょうか?


安藤 怒りの感情と上手に付き合うための、心理トレーニングです。1970年代にアメリカで生まれたとされています。「怒らない」のではなくて、「上手に怒る」「必要のないことは怒らなくて済むようになる」という線引きを目指しています。


 当初、犯罪者の矯正プログラムの側面が強かったんですが、時代の変遷とともに一般化しました。企業研修、教育、人間関係のカウンセリング、アスリートのメンタルトレーニングなど、幅広い分野に転用されています。最近では、「道徳」の教科書で「生命尊重」や「いじめ防止」との関連で取り上げられました。企業向けの講座ではハラスメント防止として需要が高いのです。


 アメリカでは、軽犯罪を犯した場合、矯正教育をしなさいという裁判所の命令が出ることがあります。その中で、DVなど犯罪の状況や内容によっては、アンガーマネジメント命令が出る場合もあります。


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年9月21日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら