1日100食限定、ランチのみ……「うまくいくわけない」と言われたステーキ丼専門店はなぜ成功したのか

1日100食限定、ランチのみ……「うまくいくわけない」と言われたステーキ丼専門店はなぜ成功したのか

 京都の住宅街にある、国産牛ステーキ丼専門店『佰食屋(ひゃくしょくや)』は、10坪、14席の小さな定食屋。この店のビジネスモデルが、いま注目を集めている。経営者の中村朱美さんは京都生まれの京都育ち。現在5歳と3歳の2児の母。あるとき、料理が趣味の夫が作ったオリジナルのステーキ丼を食べて絶句した。


「死ぬ前にはこの1杯を食べたいと思ったんです。この味を独り占めするのはもったいない、とも。そこで、2012年に夫と2人で佰食屋をオープンさせました」


 1日100食限定。メニューは3種類。営業時間は11時から14時半のランチのみ。そこに平日も土日もひっきりなしに客が訪れる。それでいて、この店には人気店の裏にありがちな従業員の過酷な労働がない。正社員は、基本9時出社で17時台には退社。有給休暇はどの社員も全て消化し、ボーナスは年3回。「従業員の働きやすさ」と「会社の経営」が両立している超ホワイト企業なのだ。


「そもそも企業における『常に右肩上がりをめざす』という考え方が本当に正しいのかを検証したかったんです。業績アップを求められる従業員はどこまでも走り続けなければならず、経営側は投資を続けなければならない。しかも成長が頭打ちになったときのリスクはあまりに大きい。だったら、あらかじめ売上の上限を決めてしまおうと考えました。1日100食を売る。どんなに売れてもそれ以上は絶対に売らない、と」


 商売人なら、いやきっと誰もがもつ「より儲けたい」という欲はなかったのか。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「1日100食限定、ランチのみ……「うまくいくわけない」と言われたステーキ丼専門店はなぜ成功したのか」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    どこの業種もそうだけど、見栄や不安から必要以上に拡大しようとして失敗してるんだよな。結局従業員の待遇や給与の引き下げでつじつま合わせしてる感じだし。

    0
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月2日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。