「家族に迷惑をかけずに死にたい」日本で安楽死合法化が危険な理由

 人の「生き死に」の領域まで医療が及び始めた現代。終末期医療では、安楽死を求める声が年々増加し、出生時でも先天的な病や障害を理由とした胎児の中絶が行われるようになっている。


『 安楽死を遂げた日本人 』を上梓した欧州在住ジャーナリスト・宮下洋一氏と、『 選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子 』で大宅賞・新潮ドキュメント賞をW受賞したノンフィクション作家・河合香織氏が「命の選別」をテーマに語り合った。


「家族に迷惑をかけずに死にたい」日本で安楽死合法化が危険な理由

◆ ◆ ◆


■家族に迷惑をかけないための「安楽死」?

宮下 安楽死について書くのは今作で2冊目です。前作『 安楽死を遂げるまで 』では、スイスとオランダとベルギー、アメリカといった安楽死容認国の現場を取材して、安楽死は、文字通りの安らかで楽な死なのかを考えました。取材現場で戸惑うことも多かったものの、安楽死を認めるかどうかは、その国の文化や歴史に深く根差していることがよく分かりました。つまり、国民の理解の上で成立している選択肢ということです。


 取材の最後に、日本を訪れ、安楽死の是非を取材しました。日本でも、安楽死を求める切実な声があることを知りましたが、それでも、この国で安楽死を法制化することは危険だと思いました。欧米では、個人の人生における最後の選択肢として、どう逝きたいかの選択肢が尊重されています。一方の日本では、個人の選択肢というよりも、家族や医師を含めた周囲の考えが、死の局面まで影響を及ぼしているのではないか、と。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年10月1日の社会記事
「「家族に迷惑をかけずに死にたい」日本で安楽死合法化が危険な理由」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    結婚とかする気が微塵もない身としてはある程度謳歌したら健康な内に臓器提供とかして死にたいと思うわ。自力で海外に行って目途着けられるっていう自活と判断が出来る人以外が安楽死出来るような状況はよくない

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら