“初代優勝監督”広岡達朗が語る「2019年のスワローズ」

“初代優勝監督”広岡達朗が語る「2019年のスワローズ」
■名将・広岡達朗が語る2019年のスワローズ

 目の前にいるのはヤクルトの初代優勝監督である広岡達朗。すでに傘寿を過ぎ、87歳を迎えてもなお、舌鋒は鋭い。尋ねたのは「ヤクルト時代に取り組んだことは?」という質問だった。


「あの頃のヤクルトナインには拭い難い《巨人コンプレックス》があった。優勝するためにはそれを払拭しなければならない。そんな思いもあって、初めての海外キャンプをアメリカ・ユマで行ったんだね。“オレたちはメジャーチームとキャンプをしたんだ”という自信を持つことも、巨人へのコンプレックスを払拭するために有効だということでね」


 広岡監督就任3年目となる1978(昭和53)年にヤクルトは初めてユマキャンプを敢行。サンディエゴ・パドレスとの合同練習で「巨人コンプレックス」払拭の一助とした。そしてこの年、チームは創設29年目にしてセ・リーグを制覇。日本シリーズでも王者・阪急ブレーブスを倒して、初の日本一となった。まさに、「管理野球」と称された広岡野球の結実の瞬間だった。


 続いて、「今年のヤクルトをどう見ますか?」という質問を投げかけると、その本領を発揮する。広岡さんの口調が熱を帯びる。


「私なら、バレンティンを使いません。守れない選手がいることのデメリットを考えたら、いくらホームランを打とうと割に合わない。バレンティンも村上(宗隆)も確かにホームランはたくさん打った。でも、チームが最下位なら意味はないでしょう。彼らは自分が打つことばっかりで、真剣に勝とうと思っていないですよ。だって、チャンスでも平気で三振するじゃない。私だったら絶対に許さない。“(自分のために)頑張る”と、“チームのために頑張る”は全然違うんです」


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年10月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら