テニスで世界3位まで上り詰めた佐藤次郎が突然“投身自殺”した本当の理由とは

■解説:病気か、プレッシャーか…… スター選手の投身自殺の謎

 東京オリンピック・パラリンピックを来年に控えて、スポーツ競技の強化と代表選手の選考が続いている。中でもテニスは前回リオデジャネイロオリンピックで錦織圭選手が96年ぶりの銅メダルを獲得し、国民の注目を集めた。錦織選手が数々の記録を作る中で、往年のテニス選手の名前が何度も登場した。2012年、全豪オープンでベスト8入りした際は「佐藤次郎、布井良助以来80年ぶり」。2014年の全米オープンの2回戦で勝利して4大大会で32勝を記録すると「佐藤次郎が持っていた日本人男子記録(33勝)を更新した」。さらに、同大会でベスト4に進出すると、「4大大会では1933年ウィンブルドンの佐藤次郎以来81年ぶり」と騒がれた。錦織選手の活躍は、大昔の佐藤次郎選手の飛び抜けた活躍をあらためて世間に知らせることになった。


テニスで世界3位まで上り詰めた佐藤次郎が突然“投身自殺”した本当の理由とは

 いまから80年以上前、世界ランク3位にまで上り詰めたテニスの国際的スタープレーヤーが、伝統の大会デビスカップ出場に向かう船から投身自殺したという事件は、スキャンダルとして当時の世間に大きな衝撃を与えた。「死を選んだ理由はナゾとされている」(「別冊1億人の昭和史 昭和史事典」)ともいわれるが、実際はどうだったのだろう? この年(1934年)、のちに“幻の疑獄”とされる「帝人事件」が発覚。佐藤の死と同じ4月には、いまも東京・渋谷のシンボルである「忠犬ハチ公」の銅像が完成している。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「テニスで世界3位まで上り詰めた佐藤次郎が突然“投身自殺”した本当の理由とは」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    スター選手の自殺は事細かに書くが、日本軍に腕を掴まれ連行されて慰安婦にされ朝も昼もなく強かんされて挙句殺された女性等に関しては一行も書かない文藝春秋社。

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月6日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。