日本郵政のドン・鈴木上級副社長 臨時国会で参考人招致か「NHKはまるで暴力団」

記事まとめ

  • 野党が、臨時国会で日本郵政・鈴木康雄上級副社長の参考人招致を検討しているという。
  • 日本郵政のドンと呼ばれ、NHKのかんぽ生命報道に「まるで暴力団」と発言した人物。
  • 関係者によると、話が飛んで否定か肯定かわからないなど役人らしくない一面も。

「NHKはまるで暴力団」と発言 “日本郵政のドン”の裏の顔とは?

「臨時国会で参考人招致を検討している」


 こう野党幹部が名指しするのは、“日本郵政のドン”と呼ばれる日本郵政の鈴木康雄上級副社長(69)だ。


 かんぽ生命の不正販売に揺れる日本郵政グループ。この問題を報じたNHKについて、鈴木氏は10月3日の会見で「まるで暴力団と一緒でしょ」と言い放った。


 鈴木氏が糾弾した番組は、昨年4月放送の「クローズアップ現代+」。続編の放送を目指し、SNSで情報提供を呼びかけた。それに対して日本郵政が強硬に抗議。NHKは日本郵政に文書で事実上、謝罪し、続編番組の放送を延期した。


「NHKはまるで暴力団」と発言 “日本郵政のドン”の裏の顔とは?

 鈴木氏の暴言について、日本郵政幹部が語る。


「NHKへガバナンス体制を問題にして追及するのは、総務官僚らしい発想です」


 当の鈴木氏はいかなる人物か。山梨県出身で東北大学法学部卒業後、1973年に旧郵政省(現総務省)に入省。総務省情報通信政策局長を務めるなど、放送行政に長く携わってきた。


「酒好きで、フジテレビの日枝久さんや日本テレビの故・氏家齊一郎さんに可愛がられた。また、電気通信事業部長時代に利害関係者のNTTコミュニケーションズから飲食を提供され、タクシー券を貰って使用したことが05年に発覚、国家公務員倫理法違反で戒告処分となりました」(同前)


■「役人出身なのに話は飛ぶし、“てにをは”の使い方も変」

 鈴木氏は2009年7月から10年1月まで総務次官を務めた。日本郵政取締役となったのは、13年。日本郵政社長が坂篤郎氏から西室泰三氏に交代した時期で、自民党が与党復帰した直後の「菅義偉官房長官による人事」と言われた。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年10月15日の社会記事
「「NHKはまるで暴力団」と発言 “日本郵政のドン”の裏の顔とは?」の みんなの反応 61
  • 匿名さん 通報

    08:05 類ともなんだよぉ。クズ晋三も同類なんだよぉ。

    24
  • 匿名さん 通報

    消えた年金だって国は何にも責任とらない。無駄遣いや運用失敗で厚生年金の原資が少なくなっても責任どころか謝罪もしない、簡保も同じ。国民も いい加減よく考えて選挙に行かないとね。

    23
  • 匿名さん 通報

    コイツら日本の経営トップとやらは何か勘違いしているほど人格が劣っているなぁ… 安倍さんコイツらが日本を駄目にしているんだよぉ

    19
  • 匿名さん 通報

    日本郵政は、かんぽ保険とやらで組織ぐるみで詐欺行為を働いても、未だ誰一人として逮捕されず処罰すら受けず。だから企業の遣りたい放題できて当たり前だと思う。欧米だと逮捕だろうね、向こうは企業に厳しいから。

    19
  • 匿名さん 通報

    その通りだろ。 NHKは、視聴料を強制搾取しているが、まるでみかじめ料(放送税)だ。 公共放送でなく、NHKを解体して、市民放送と国営放送に分割するか、民営化すべき。

    10
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら