史上初8強 堀江翔太「スコアボードの得点係から日本ラグビーの中心になった男」

 アイルランド、スコットランドという伝統国2カ国を破り、初のW杯8強という快挙に沸く日本ラグビー。


 1991年の第2回大会からラグビーW杯を取材。前回大会の南ア戦“ブライトンの奇跡”も現地取材したジャーナリストの村上晃一氏に聞く、日本代表キーマンの横顔。


史上初8強 堀江翔太「スコアボードの得点係から日本ラグビーの中心になった男」

◆◆◆


 日本がスコットランドを28‐21で破った死闘、私はJ‐SPORTSで現地解説をしていました。横浜国際競技場には6万7000人が詰め掛け、日本代表の国内の試合としては歴代最多観客。選手たちもこれまで感じたことのない応援の力を感じていたと思います。


 日本がW杯で8強に進出したこと、これは世界のラグビー史上最大の快挙と言っていい。「日本は体が小さくてラグビーは不向きだ」とずっと揶揄されてきました。そのチームがフィジカル面で堂々と渡り合い、ラグビー伝統国のアイルランド、スコットランドを見事に破ったんですから。


 そもそもラグビーは体をぶつけ合う、半分格闘技の世界です。でも格闘技と違って“階級制”がない。だから日本がティア1(※)の国に勝つことは、ボクシングでミドル級の選手がヘビー級の選手を倒す、そんなイメージではないでしょうか。それを今大会だけで2回も達成してしまった。


<※ティア(Tier)1 …ラグビー界の「階級」。欧州6カ国(イングランド、アイルランド、ウェールズ、スコットランド、フランス、イタリア)と南半球4か国(ニュージーランド〔NZ〕、オーストラリア、南ア、アルゼンチン)。日本は中堅国にあたるティア2。>


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年10月14日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら