ハントケ氏 ノーベル文学賞受賞に非難の声「吐き気」「非常識で不道徳」

記事まとめ

  • オーストリア作家ペーター・ハントケ氏のノーベル文学賞受賞に非難が出ている。
  • スレブレニツァの虐殺の否定論者という側面があるため。
  • 「吐き気を催す」「非常識で不道徳な決定」「あぜんとしている」などの声。

吐き気、あぜん、不道徳……ノーベル文学賞の選考が猛烈に批判された理由

 2年分まとめてという、異例の発表となった今年のノーベル文学賞。昨年は内輪の性暴力スキャンダルにより発表を見送ったためで、今年は権威ある賞の名誉回復を期したが、またも激しい非難を浴びている。


 原因は、今年の受賞者にオーストリアの作家、ペーター・ハントケ氏(76)を選んだことだ。


 選考理由についてスウェーデン・アカデミーは「人間の経験の見過ごされがちな部分や特異な面を、巧みな言葉遣いで探求した」と説明。発表を受けて日本のメディアも「ドイツ語圏の最もすぐれた作家」「既存の言葉や制度に闘いを挑んでいる」などと、好意的な紹介にほぼ終始した。


 だが欧米では、ハントケ氏の“ある側面”を厳しく問う論調が目立つ。旧ユーゴスラビア内戦でイスラム系住民7000人以上が殺害された「スレブレニツァの虐殺」(1995年)の否定論者としての顔だ。


吐き気、あぜん、不道徳……ノーベル文学賞の選考が猛烈に批判された理由

 英紙ガーディアンなど多くのメディアは、ハントケ氏の持論に言及。イスラム系住民が虐殺をでっち上げ、セルビア人部隊を陥れたと主張してきたことを紹介した。


 さらにハントケ氏が2006年、ミロシェビッチ元ユーゴ大統領の葬儀に参列し、「真実はわからないが、私は彼に寄り添う」などと弔辞を述べたことも伝えた。ミロシェビッチ元大統領はアルバニア系住民殺害などの「民族浄化」に関わったとされ、国際戦争犯罪法廷で「人道に対する罪」に問われ公判中に死去している。


■「ノーベル賞で吐き気を催すとは思わなかった」

あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年10月21日の社会記事
「吐き気、あぜん、不道徳……ノーベル文学賞の選考が猛烈に批判された理由」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    ノーベル賞なんかどうでもいい。

    2
  • 匿名さん 通報

    文春は外国人がやった大量虐殺だけは事実と認めるんだな。卑怯の権化やな。笑

    1
  • 匿名さん 通報

    ドイツ人は自分たちがやった虐殺を全部認めている。事実を言う人間に向かって「反独だ!」などとは言わない。

    1
  • 匿名さん 通報

    おいおい、南京大虐殺をなかったことにし続けてきた文春が何をえっらそうに。笑

    1
  • 匿名さん 通報

    中国の発表の「南京30万人虐殺」が仮に大袈裟であっても、現実に虐殺は「あった」。できるだけ少なく言いたいウヨク週刊新潮でさえ「6万人」と言う凄まじい数を挙げている。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら