河井克行法相 妻の参院選に公選法違反の疑い

 河井克行法務大臣(56)と妻の案里・自民党参院議員(46)が、7月の参院選で、ウグイス嬢に違法な報酬を払う「運動員買収」に関与した疑いのあることが「週刊文春」の取材でわかった。


河井克行法相 妻の参院選に公選法違反の疑い

 今年7月の参院選では、河井氏は、妻の案里氏を参院選広島選挙区(改選2)に出馬させ、自民党現職と野党候補との間で、熾烈な選挙戦となった。結局、菅義偉官房長官や公明党などの支援を受けた案里氏が、自民党現職を振り切り、初当選。夫の克行氏は、9月の内閣改造で、法務大臣として待望の初入閣を果たした。


 選挙でのウグイス嬢の報酬は、公職選挙法で上限額が1日1万5000円と定められている。だが、「週刊文春」がウグイス嬢や河井氏の後援会関係者、広島県連関係者などを取材すると、案里氏の事務所はウグイス嬢13人に対し、法定額の倍の1日3万円を支払っていた疑いがあることがわかった。さらに、ウグイス嬢の領収書や支払いを記した“裏帳簿“を入手。こうした文書によれば、案里氏の事務所は、選挙期間中には、1日1万5000円を支払ったことにして領収書をウグイス嬢に書かせ、残りの額は、公示(7月4日)前の7月1日付で、選挙が始まる前の「人件費」で支払った形にしていた。なお、取材に応じたウグイス嬢9人は、選挙前には活動を行っていなかったと証言している。


 こうした支払い方法の指示やウグイス嬢との連絡は、克行氏の元公設秘書で、当時は案里氏の秘書を務めていた男性が行っており、支払いなどの実務は経理担当の女性秘書が行っていたという。案里氏は、当選するまで事務所を克行氏の事務所に置いており、克行氏が案里氏の参院選を仕切っていた。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年10月30日の社会記事
「河井克行法相 妻の参院選に公選法違反の疑い」の みんなの反応 193
  • 匿名さん 通報

    責任とるって?解散総選挙のこと。いまなら、野党壊滅だろうな。悪夢のほうが大多数に認知されてるからな。

    14
  • 匿名さん 通報

    【仕事放棄】特定野党さん「閣僚の相次ぐ辞任で混乱が続いており、審議できる状況にない」立民・安住「一切の日程協議に応じない」~これ一般企業だったらさぼりで懲戒処分もんだぜ。被災者激怒だな。

    13
  • 匿名さん 通報

    未だにモリカケだのなんだのやってるバカがいるから、別のバカが野放しになってる。

    12
  • 匿名さん 通報

    日本のマスコミは韓国の法務大臣の家族の容疑を執拗に報道していたが、日本の法務大臣の妻と本人の公職選挙法違反疑惑は報道しない。日本のマスコミは腐っているのかな。

    11
  • 匿名さん 通報

    菅原前経済産業大臣も河合前法務大臣も公職選挙法違反の疑いがあるが、日本の検察、警察は動かないのかな。安倍内閣の閣僚や安倍友のジャーナリスト達は逮捕されないという特権があるのか。

    10
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。