河井克行法相 妻の参院選に公選法違反の疑い


 公選法に詳しい上脇博之・神戸学院大法学部教授はこう解説する。


「これは公選法が禁じる典型的な運動員買収です。買収した人もされた人も、3年以下の懲役・禁固又は50万円以下の罰金に問われます。候補者本人が与り知らない場合であっても、秘書や出納責任者など一定の立場の人による買収が確定すれば、連座制が適用され、当選無効となります」


 河井法相と案里氏に、1日3万円の日当を支払っていた事実があるか、確認を求めると「選挙運動は、法令に従って行っております」と回答した。ただ、選挙の経理を担当した女性秘書は、「週刊文春」の直撃取材に対して、複数の領収書を準備して、1日3万円の日当を支払ったことを認めている。


 法務行政のトップに立ち、特捜部などの捜査に対し指揮権を持つ法務大臣夫妻に、公選法違反の疑いが生じたことで、河井氏は国会などで丁寧な説明を求められることになりそうだ。


 10月31日発売の「週刊文春」では、菅原一秀前経産相に続く「疑惑のデパート」とも言われる河井法相の、有権者へのジャガイモ贈与疑惑、秘書の残業代不払いの実態、本来なら免許停止となるスピード違反などのさまざまな疑惑を詳報する。


(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年11月7日号)


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「河井克行法相 妻の参院選に公選法違反の疑い」の みんなの反応 193
  • 匿名さん 通報

    責任とるって?解散総選挙のこと。いまなら、野党壊滅だろうな。悪夢のほうが大多数に認知されてるからな。

    14
  • 匿名さん 通報

    【仕事放棄】特定野党さん「閣僚の相次ぐ辞任で混乱が続いており、審議できる状況にない」立民・安住「一切の日程協議に応じない」~これ一般企業だったらさぼりで懲戒処分もんだぜ。被災者激怒だな。

    13
  • 匿名さん 通報

    未だにモリカケだのなんだのやってるバカがいるから、別のバカが野放しになってる。

    12
  • 匿名さん 通報

    日本のマスコミは韓国の法務大臣の家族の容疑を執拗に報道していたが、日本の法務大臣の妻と本人の公職選挙法違反疑惑は報道しない。日本のマスコミは腐っているのかな。

    11
  • 匿名さん 通報

    菅原前経済産業大臣も河合前法務大臣も公職選挙法違反の疑いがあるが、日本の検察、警察は動かないのかな。安倍内閣の閣僚や安倍友のジャーナリスト達は逮捕されないという特権があるのか。

    10
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月30日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。