菅原大臣辞任でとばっちり “復活男”小野寺五典氏のイマイチな評判

菅原大臣辞任でとばっちり “復活男”小野寺五典氏のイマイチな評判

「週刊文春」による菅原一秀前経産相の疑惑報道を受け、嘆息しているのは自民党の小野寺五典元防衛相(59)だ。カニやメロンに加え、秘書が香典を配った公職選挙法違反の疑惑が報じられるたび、小野寺氏が線香を配って議員辞職した過去が蒸し返される。周囲に「終わった話なのに。本当にやめて欲しいよ」とぼやきっぱなしという。


 小野寺氏からみれば、とんだとばっちりだが、擁護する声は少ない。「彼は自分のことばかりで後輩の面倒見も良くない。自業自得ですよ」とは政治部デスク。


 宮城県気仙沼市出身。東京水産大学を経て宮城県庁に入ったが、1990年に退職して松下政経塾入り。11期生の同期には立憲民主党の福山哲郎幹事長がいるが、小野寺氏の評判は芳しくない。同塾の後輩は「塾出身者で最も嫌われ者なのが元横浜市長の中田宏、次が小野寺。本音を言わず、回りに『いい人だ』と思わせているだけです」と話す。


 上昇志向の強さは有名だ。気仙沼市長を務めた小野寺家に婿入り。地元では「小野寺姓で選挙戦を有利に進めた」ともっぱらの評判だ。だが、地元活動中に線香セットを配布。97年の衆院宮城六区補選で初当選後に露見し、公選法違反で書類送検されて議員辞職した。有罪が確定し、3年間の公民権停止後、2003年に政界復帰した。


■永田町ではごますりで有名

 自民が政権に復帰した12年末に初入閣。地元が東日本大震災の被災地だったため復興相で決まりかけていたが、一転、門外漢だった防衛相に。周囲には「“中学生でも分かる自衛隊”って本を買って勉強しているんだ」と語り、笑いを誘った。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年11月6日の社会記事
「菅原大臣辞任でとばっちり “復活男”小野寺五典氏のイマイチな評判」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    小野田さんは責任取ったけど、野党の玉木、山尾、逢坂、増子たちも香典渡してるじゃねーか。文春の取材力もたいしたことねーな。元NGT山口さんのこともいい加減だから雑誌が売れないんだよ。

    4
  • 匿名さん 通報

    パソナ 小野寺 検索

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。