神戸・東須磨小学校イジメ事件 教育現場にあるまじき異常事態の責任はA前校長にある

 11月1日、神戸市教育委員会は、東須磨小のA前校長を市教委付に異動させた。問題発覚後、一部のメディアには顔と名前を伏せて登場したA前校長だが、現在は、体調不良を理由に学校を休んでいる。市が設置した第三者委員会のヒアリング対象にもなっており、今後はA前校長への調査も本格化させる方針だ。


神戸・東須磨小学校イジメ事件 教育現場にあるまじき異常事態の責任はA前校長にある

■前校長は雲隠れ状態

「当初、A前校長は『自分も会見する用意があるのに、市教委が言ってこないんだ』と嘯いていたそうです。その後、A前校長の仲介者を名乗る人物が一部のテレビ局に接触。いろいろな条件を付けて、取材の設定をしていました。


 しかし、最初に取材を受けたインタビューが批判を集めると、次の取材では自身のパワハラを限定的に認めるという作戦に転じました。その後は行方をくらまし、雲隠れ状態です」(市政担当記者)


 一連のイジメ事件では、教育現場にあるまじき異常事態が起きていたことが明るみに出た。加害者として4人の教師の関与が明らかになっているが、「週刊文春」の取材によれば、イジメが横行する校内環境が醸成された責任は、A前校長にある。


 A前校長は、被害者のX先生が東須磨小に赴任してきた際、教頭を務めており、イジメが本格化したとされる昨年度は校長に昇任した年だった。


「被害者のX先生が1年目の頃、近隣小学校との親睦会を欠席すると伝えると、『おまえは、俺の顔に泥を塗ってええんか』と恫喝。別の飲み会でもお酒が強くないX先生に『1杯目はビールやろ』と酒を強制していました。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「神戸・東須磨小学校イジメ事件 教育現場にあるまじき異常事態の責任はA前校長にある」の みんなの反応 9
  • 匿名さん 通報

    ネットでは顔も名前もバレてますが、免許剥奪される訳じゃないから、ほとぼりが冷めたらまた教壇に立つんじゃないでしょうか。前校長も立場が悪くなったら体調不良で休みって政治家みたい。恥ずかしくないのかね。

    9
  • 匿名さん 通報

    こんな教師は表面上は反省してるようにするが根本はかわらない。休職ではなくて懲戒免職にして。

    5
  • 匿名さん 通報

    外道が聖職とは。呆

    4
  • 匿名さん 通報

    イジメも休職校長も身の丈に合ったことをしているだけです、荻生田。

    3
  • 匿名さん 通報

    休職するとは立派なもんです。強 姦やってもいけしゃあしゃあ出しゃばってるミノタケに比べりゃ。

    3
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月1日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。