野田地図「Q」で初舞台 広瀬すずが「唯一無二の女優である」理由

 広瀬すずの初舞台を目撃した者は幸いである。なんたって初ものである。21歳のいま、舞台に立ったタイミングは最高なのではないか。ヒロインを演じた朝ドラ「なつぞら」で演技力問題が取りざたされたことはあったものの、初舞台作「『Q』: A Night At The Kabuki 」は広瀬すずの唯一無二のチカラを見せつけるものになった。


野田地図「Q」で初舞台 広瀬すずが「唯一無二の女優である」理由

 バスケやキックボクシングで鍛えた広瀬すずの身体はもうそれだけで十分眼福なうえ、さらに天才・野田秀樹から新たな学びを得てぐんぐん伸びてゆく、その瞬間は尊い。とりわけ、声がよかった。ウィスパー気味で舞台向きではないのではないかという心配はなく、しなやかな身体そのもののようによく響いた。肉体の外側だけでなく内側の若い繊細に鍛えられた筋肉が作り立ての楽器のように弾く音。人間、誰しも年齢を重ねると声も変わるので、いま、この瞬間、野田秀樹の詩情あふれるセリフを発する広瀬すずの声が聞けただけで至福である。


 10月8日に初日が開けてから東京、大阪、北九州とまわって、11月9日から再び東京公演がはじまる。当日券を求めてでも見るべきだ。


■「もしもロミオとジュリエットが死ななかったら?」が舞台に

 件の野田秀樹の新作「『Q』: A Night At The Kabuki 」とはどういう演劇なのか。


 QUEENたっての希望で野田秀樹が名盤「オペラ座の夜(A Night At The Opera)」の12曲をふんだんに使用してつくった作品は、有名なシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を12世紀の日本に置き換えたもの。主人公は、平の瑯壬生(ロミオ)と源の愁里愛(ジュリエット)。そう、ロミジュリのモンタギュー家とキャピュレット家の争いを平家と源氏の争いに見立てているわけだ。瑯壬生の父は平清盛で、愁里愛には父はいないが、源義仲や源頼朝の庇護を受けている設定。神父(法皇)様も出てくるし巴御前も出てくる。ロミジュリと源平合戦の両方の要素をうまいこと盛り込みつつ、単なるロミジュリ×源平合戦ではなく、舞台上は次第に別の世界線を描き出し、第二幕になると驚くべき変容が……。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 広瀬すず CM
  2. 広瀬すず Instagram
  3. 広瀬すず ドラマ
広瀬すずのプロフィールを見る
文春オンラインの記事をもっと見る 2019年11月9日の芸能総合記事
「野田地図「Q」で初舞台 広瀬すずが「唯一無二の女優である」理由」の みんなの反応 3
  • 福島伸剛 通報

    広瀬すずちゃん1ケ月しか無いので福島伸剛さんの為に一生懸命仕事頑張って下さい

    2
  • 匿名さん 通報

    「彼らはまたひとつ飛躍したことであろう」「その都度、適切な表現があることを学べば最強だ」ここまで上から目線で書くかね。

    1
  • 匿名さん 通報

    姉の広瀬アリスと比べると 演技のタイプが違うとはいえ 女優としてのセンスが足りないように見える それでも すずが出ていると視聴率が取れ 観客動員が見込めるのであろう  

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「広瀬すず + CM」のおすすめ記事

「広瀬すず + CM」のおすすめ記事をもっと見る

「広瀬すず + Instagram」のおすすめ記事

「広瀬すず + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「本田翼」のニュース

次に読みたい関連記事「本田翼」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。