Google新スマホ「Pixel 4」をiPhoneと使い比べ 優秀カメラの「旧型から進化した」3つの強みとは

 従来はレンズ1枚で「超解像ズーム」を実現していたところ、望遠レンズが加わったことで、このようなクオリティでのデジタルズームが可能になったのでしょう。これならばデジタルズームに抵抗がある人でも、ひとつ試してみるか、という気になるはずです。


 また面白いのが、デジタルズームでも逆光補正が行われることです。iPhone 11 Proはディティールはしっかりしているものの逆光補正が行われないため暗いまま、一方のPixel 3は逆光補正は行われるものの若干シャープさに欠けます。しかし本製品は、ディティールも十分でかつ明るく補正されており、ベストと言える出来栄えです。


■「超広角レンズが必要かどうか」で機種選びが変わる

 以上のように、Pixel 3とiPhone 11 Proは、被写体の種類によって得手不得手があるのに対し、本製品はどんな場面にも対応できるオールラウンダーという印象です。価格が込89,980円と、同じ64GBモデルのiPhone 11 Pro(税込117,480円)より安いのも魅力です。


 もっとも、では今すぐ手持ちのスマホからPixel 4に乗り換えるべきかというと、そこまで急務ではない、というのが筆者の考えです。というのも本製品は冒頭にも書いたように、目玉機能である「Motion Sense」が日本国内では未対応、またテキスト起こし機能も日本語では使えず、前者の対応は少なくとも来春までは待つ必要があるからです。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。