「好きすぎて気象庁を辞めました」日本でただ一人“蜃気楼だけを追いかける”33歳男性の話

――全国に“蜃気楼ウォッチャー”が……。


佐藤 そうなんです。観測回数が増えた理由のもう1つに、魚津内外で蜃気楼を観ている“蜃気楼ウォッチャー”が増えたこともあったりします。魚津の方でも博物館に電話で「いま蜃気楼出てるけど大丈夫!?」と知らせてくださる。それで慌てて外に観測に出かけることもしばしばあります。バタバタですね(笑)。


■ここまで蜃気楼が認識されている場所は他にはない

――そういえば魚津港の海岸線にも「蜃気楼の見える街」と大きく書かれていました。佐藤さんだけではなく、魚津の皆さんも蜃気楼の沼にハマっています。


佐藤 言ってしまうと、蜃気楼が見える場所は魚津だけじゃないんです。他にも全国で見られるんですが、ここまで蜃気楼が認識されている場所が他にはないということなんです。蜃気楼ウォッチャーで毎日見ている人、蜃気楼という現象を知っている人の多さは他を探しても魚津ほどの場所はないと思います。


 あとは歴史的背景もあります。加賀百万石、前田のお殿様が魚津で蜃気楼を見て、お付きの絵師に絵を描かせている記録が残っています。それが蜃気楼観測の最古なんです。実は琵琶湖にも同じくらい古い記録が残っていますが、なかなか今は蜃気楼を見ている方が少ない。


 最近は、他の地域でも蜃気楼の調査が進んできていて、各地から蜃気楼の写真を添えて「この蜃気楼どうですか?」とメールが頻繁に送られて……。


――蜃気楼の感想を送り合っているんですか?


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「好きすぎて気象庁を辞めました」日本でただ一人“蜃気楼だけを追いかける”33歳男性の話」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    人生を一つのことにかけて、のめり込む。羨ましい。出来る人は少ない。

    1
この記事にコメントする

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月12日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。