創刊96年『文藝春秋』がnoteをビジネスパートナーに選んだ“3つの理由”

創刊96年『文藝春秋』がnoteをビジネスパートナーに選んだ“3つの理由”

 11月7日、総合月刊誌「文藝春秋」が、同誌初の試みとなるデジタル定期購読サービス「 文藝春秋digital<シェアしたくなる教養メディア> 」を開始したことを発表した。


 今回のサービスにおける一番の特徴は、メディアプラットフォーム「note」を利用したこと。ウェブサイトの自社開発は、これまでメディア業界では“常識”とされてきた。そのため、今回の取り組みに対し、「ウェブの自社開発を捨てた」という指摘もある。しかし、それでも月刊「文藝春秋」は、外部プラットフォームを利用してサービスを開始することに踏み切った。その背景には何があったのだろうか。


◆◆◆


■アクティブユーザーが2000万人を超える「note」

「文藝春秋」は、1923年創刊で、今年96年目を迎える老舗雑誌である。新人作家の登竜門ともされる小説賞「芥川賞」受賞作の全文掲載媒体として有名だ。また、これまでに「田中角栄研究――その金脈と人脈」(立花隆、1974年)、「昭和天皇の独白8時間 太平洋戦争の全貌を語る」(1990年)などの記事で世間の注目を集めてきた。


 一方の「note」は、2014年にサービスを開始したピースオブケイク社が運営するオンライン上のサービス。登録者は誰でも“クリエイター”として自由に文章や音声を投稿でき、それに値付けをして有料販売することも可能だ。月間アクティブユーザーは、2019年9月で2000万人を超えた。


文春オンラインの記事をもっと見る 2019年11月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。