あのとき東京は“水没”寸前だった! 250万人が暮らす江東5区「ゼロメートル地帯」が抱えるリスク


■地域の中に“避難できる高台地”がない

 土屋氏は、江東5区の危険性について、こう解説する。


「江東5区は、約262万人もの人口を擁しながら、大部分が満潮位以下のゼロメートル地帯で、地域の中に避難できる高台地がありません。生き残るには、この地域の外に避難するしかないのです。


 ハザードマップの被害想定では、浸水想定区域は江東5区のほぼ全域に及び、浸水割合は9割を超えることが分かりました。この“水没地帯”には、実に、5区の総人口の95%を超える約250万人(夜間人口)が暮らしています。


 想定される浸水の深さは、JR総武線平井駅北口周辺で最大約10メートルにも達します。また、2週間以上にわたり、水が引かない地域があることも分かりました。


 結局、江東5区の住民に残された道は、安全な時間帯に、事前に広域避難を行うしかないのです」


 決して絵空事ではない『東京沈没』。江東5区の地形的脆弱性や、1947年に死者・行方不明者1930人を出したカスリーン台風での広域避難の前例、また江東5区の水害ハザードマップの詳細は、「文藝春秋」12月号および「文藝春秋digital」の「 東京沈没『天気の子』が現実になる日 」に全文を掲載している。


「自分や大切な家族の命を守るため、一人でも多くの人に災害への危機感を持っていただきたい」と、土屋さんは切実に訴えた。


(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2019年12月号)


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「あのとき東京は“水没”寸前だった! 250万人が暮らす江東5区「ゼロメートル地帯」が抱えるリスク」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    トンキンとソウルを火の海に!早く!

    0
  • 匿名さん 通報

    うちは対象区だけど水害の時は地面から2mほど上から建っているマンション5階の自宅に居る。他所からの避難者を外バルコニーに受け入れる指定建物にもなってるし。

    0
  • 匿名さん 通報

    最初から水没することはわかってる地域なのにね バカなの?

    0
  • 匿名さん 通報

    田舎のばーさん今日も独身。

    0
  • 匿名さん 通報

    事実はぎりぎりだったんだ。 ゼロメートル地帯が広がるなら、ビルの上階を利用することはできないのか?

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月14日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。