なぜ日本は「アンチ大麻」になったのか――“解禁”されたアメリカとの大きな違い

なぜ日本は「アンチ大麻」になったのか――“解禁”されたアメリカとの大きな違い

「マリファナって本当に悪いの?」日本では違法薬物とされるマリファナだが、世界各国では合法化が進んでいる。その筆頭であるアメリカの歴史といまを追った『 真面目にマリファナの話をしよう 』より「日本のこと」を公開する。


◆◆◆


■なぜ長く禁じられてきた「麻薬」が解禁されたのか

 この本を書いた最大のモチベーションは、アメリカや他の国々でなぜ長く禁じられてきた「麻薬」が「奇跡の薬」として解禁されたのか、そのパラダイム・シフトが起きた理由と背景を理解することだった。


 ところが調べれば調べるほど、日本における認識と、海外とのギャップは広がるばかりだった。世界の先進国のなかでも医療マリファナを禁じている国は日本くらいである。マリファナ解禁の波が、早晩、日本にも押し寄せてくる可能性だって否定できない。実際、2007年に大塚製薬が舌下投与で服用するガン疼痛治療剤「サティベックス」のアメリカにおける独占的な販売・開発権を取得したことが大きな話題になった。日本では開発できないが、アメリカなら合法的に認められる。いわゆる企業としての先行投資だったのだろう。しかし、舌下投与が難しく、臨床試験の結果が芳しくなかったため、FDAの認可は下りず、2015年に大塚製薬はその販売・開発権をGWファーマシューティカルズに返却した。とはいえ、マリファナを使った医薬品は将来、大きく利益を生む可能性があることはたしかだ。今後も大塚製薬に続いて海外での開発を目論む企業が出てくる可能性もあるだろう。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年12月2日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。