「吐き気がする本」と玉ネギ法相が激怒 『反日種族主義』はなぜ韓国で売れるのか?

「韓国の歴史学や社会学は嘘の温床だ」。「徴用工の大法院判決はでたらめ」。


 韓国人の歴史認識を実証に基づいて批判した『 反日種族主義 』(李栄薫〈イヨンフン〉編著)が、今年7月の刊行以来、韓国で11万部の大ベストセラーとなっている。


 いったい、何が起こっているのか――。


◆ ◆ ◆


■批判が高まりつつある文政権の反日政策

「文在寅は辞任しろ!」


「曺国を逮捕しろ!」


 11月9日、ソウルの光化門広場は、反文政権の団体で埋め尽くされていた。次々と疑惑が発覚した“玉ネギ法相”こと曺国氏が法相を辞任しても、政権への批判の声は収まらない。


「吐き気がする本」と玉ネギ法相が激怒 『反日種族主義』はなぜ韓国で売れるのか?

 最新の韓国ギャラップの世論調査でも、文在寅政権の支持率は45%。先月の過去最低だった39%から回復したが、不支持率は47%と相変わらず支持率を上回っている。


 文大統領は就任以降、反日姿勢を貫いてきた。10月にも、「いまは親日をするのが愛国だ」とフェイスブックに書き込んだ韓国文化体育観光部の幹部を、罷免したばかりだ。


 ところが、韓国国内では文政権の反日政策への批判が高まっている。


■『反日種族主義』の爆発的ヒット

 その代表例が、『反日種族主義』の爆発的ヒットだ。本の編集を担当した作家の朴智英(パクチヨン)氏が解説する。


「韓国最大の書店・教保文庫で3週連続週間ベストセラー首位となり、インターネット書店・YES24でも総合ベストセラーを獲得しました。どの世代にも幅広く読まれていますが、特に30代から50代が多いです。男女比は若干男性読者の方が多いですね。韓国の本の売上は、日本に置きかえれば約3倍と言われているので、40万部弱になるでしょうか」


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年11月18日のライフスタイル記事
「「吐き気がする本」と玉ネギ法相が激怒 『反日種族主義』はなぜ韓国で売れるのか?」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    世界を見ても隣国同士仲が悪い国は沢山あるし、ある程度距離を取って付き合う方がお互いの為。長年のストーカー的行動に嫌気がさしてる。

    6
  • 匿名さん 通報

    自作自演が得意で一人で何人の役もこなすチョソさんが現れないね。我々日本人は・・・とか言っちゃってw

    4
  • 匿名さん 通報

    チョソはいつも芸能記事でアベガーアベガー言ってる。

    0
  • 匿名さん 通報

    反日などどうでも良い、「悪い事をしたら謝る」これすらできない人間は人種を問わず「人間のクズ」だという事。

    0
  • 匿名さん 通報

    そうですね。隣国にはそういった人間がゴロゴロいますからね。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。