【正式発表】ヤフー・LINE統合で誕生する「巨大寡占メディア」に危険はないか

 11月18日、ヤフーとLINEは2020年10月までに経営統合することで基本合意したと正式発表した。


 両社の提携については多数の分析記事が出ているが、ポイントが「スマホネイティブ世代への対応」であることでは一致している。日本で圧倒的なシェアを持つメッセージングサービス/SNSであるLINEと、ポータルサイトとしてのブランドを持つヤフー。そして、決済サービスとして一人勝ちの様相を呈してきた「PayPay」。これらがひとつになれば、国内のスマートフォン向け市場に大きな影響力をもたらすだろう。


 一方で、そのことがより大きな責任や危険性をはらむことも認識しなくてはならない。ここでは特にその点を指摘しておきたいと思う。


■「巨大寡占メディア」の誕生
【正式発表】ヤフー・LINE統合で誕生する「巨大寡占メディア」に危険はないか

 ヤフーにしろLINEにしろ、武器は「数」だ。多くの人が日常的に使う存在として認識されているため、入り口として圧倒的に有利である。逆にいえば、ヤフーはスマホ時代になって落ちてきた「入り口としての優位性の確保」のためにLINEを求めているのであり、LINEとしては「無料のメッセージングサービスの先にある入り口としての可能性」を求めてヤフーとの提携に至ったのだろう。


 その「入り口としての優位性」のわかりやすい例が、ヤフーとLINE、それぞれの「ニュースメディア」としての価値だ。


 ヤフーニュースは月間に150億ページビューを誇る、日本最大のニュースサイト。そして、LINE NEWSも月間ユニークユーザーが6000万人を超える巨大サービスだ。特にウェブメディアに寄稿したり、ウェブメディアの運営に携わったりしている人間であれば、この2つがどれほど大きな存在なのか痛いほどわかっているだろう。どちらも他社から購入したニュースの配信が軸だが、読まれやすい形で両社に取り上げられたニュース記事は恐ろしい勢いで閲覧されている。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年11月18日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。