「進路相談は5分で終わり」東大合格者を量産する“男子御三家”の意外な素顔とは

 麻布、開成、武蔵は、東大をはじめとする最難関大学に毎年数多くの合格者を送り込み、高度成長時代以降、受験界では「男子御三家」としてその名を轟かせてきた。三校とも非常に個性的な教育をおこなうことでも有名だ。


「進路相談は5分で終わり」東大合格者を量産する“男子御三家”の意外な素顔とは

 著者は中学受験塾講師として25年以上にわたって指導を重ね、数多くの教え子を男子御三家に送り込んできた。今回、『 男子御三家 』(文春新書)の執筆に当たって、著者の教え子をはじめ数十人の男子御三家卒業生が取材に協力してくれた。各校が求める生徒像、6年間の学園生活の詳細、さらには男子校ならではのぶっちゃけトークも炸裂。


 今回は、その「序章」から抜粋する。


◆ ◆ ◆


■男子御三家とは

「男子御三家」と呼称される私立中学校・高等学校をご存知だろうか。


 これは東京にある私立男子校「麻布」「開成」「武蔵」の三校を指し示している。


 それぞれが長い歴史を背負った伝統校であるとともに、難関大学合格実績では毎年屈指の結果を残している進学校だ(2019年度の東京大学合格者数は、麻布100名、開成186名、武蔵22名)。三校ともその知名度は全国区である。


 そんな学校だからこそ、入口に高いハードルが設けられている。中学受験の世界では難関校として知られ、難問揃いの入試問題に挑み、高倍率の入試を突破しなければならない。中学受験生にとってはまさに憧れの存在である。


 わたしは2015年10月に『 女子御三家 』(文春新書)を上梓した。「女子御三家」とは、東京にある「桜蔭」「女子学院」「雙葉」の三校を指す。いずれも才女が通う女子校である。この本では数多の卒業生(OG)たちに取材を試み、また、学校関係者の声をふんだんに反映することで、それまであまり知られていなかった女子御三家の実像を浮き彫りにした。卒業生である彼女たちのほとんどは身振り手振りを交えて母校を懐かしく振り返りながら、嬉々として学校の内情を話してくれた。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年11月20日のライフスタイル記事
「「進路相談は5分で終わり」東大合格者を量産する“男子御三家”の意外な素顔とは」の みんなの反応 12
  • 匿名さん 通報

    東大以前に大学に入るだけを目標とする日本の狂育。これは科挙中国の焼き直しである。かたや学校を出て社会で何をすべきか、人生どう生きるべきか教える西欧の教育。科挙日本が西欧文明に負けるのは必然ではないか。

    3
  • 匿名さん 通報

    大学に入ってからが本当の知性を身につける期間なのに日本の学生は遊びほうけてる。教育者の質も悪いが、これでは世界のエリートにかなうわけがない。自然科学、哲学、歴史を深く学ぶことは世界のエリートの常識。

    2
  • 匿名さん 通報

    授業の質や進路指導云々より、学力の高い生徒が集まることで自然と切磋琢磨する、そういう環境であることが重要。だから、都立高の巻き返しで当該生徒が集まり難くなったら状況は変わるでしょう。

    1
  • 匿名さん 通報

    日本を操ってるのは大学出、支えてるのはそれ以下とでも言いたいのか?資本論やら経済学をのたまうこいつらは上でがちゃがちゃやってるが、それを構築するのは動いてる者がいるからこそである!

    1
  • 匿名さん 通報

    きっと、旧制高校のナンバースクールなんかもこんな感じだったんのでは。本人たちは勉強のしかたわかってるし、時間が余分にあった分、酒は飲むし、旅行はするし、失恋はするしで、寄り道だらけ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。