織田信成“モラハラ提訴”「陰口や無視で賠償金を勝ち取れるのか?」判決を分ける4つの争点

「フィギュアスケート界の悪弊へ一石を投じる思いで提訴した」


 11月18日、フィギュアスケート元五輪代表の織田信成氏(32)が、1100万円の損害賠償を求め、関西大学アイススケート部の濱田美栄コーチ(60)を提訴した。織田氏は2017年4月から同部の監督に就任したが、今年の9月9日に突如辞任。その原因は、濱田コーチからの度重なる“モラルハラスメント”にあったという。


織田信成“モラハラ提訴”「陰口や無視で賠償金を勝ち取れるのか?」判決を分ける4つの争点

■「陰口を言われる、無視される、睨みつけられる」

 監督就任前から始まった濱田コーチからの「陰口を言われる、無視される、睨みつけられる」などのハラスメント行為によって、織田氏は次第に体調を崩し、今年3月下旬から1週間ほど入院。しかし退院後も「理由なき敵意」は止まず、5月末を最後にスケートリンクへも顔を出せなくなり、遂には監督を辞任せざるを得なくなった――というのが、織田氏の主張だ。


 一般に、職務上の上下関係を背景に上司が部下に身体的・精神的苦痛を与えることを「パワハラ」と呼ぶが、「モラハラ」は言葉や態度での嫌がらせによって相手に精神的苦痛を与えることを言い、当事者間の立場や地位は関係しない。そのため職場の同僚同士や、家庭の夫婦間でも起こりうる“ハラスメント”だ。


 では、損害賠償が認められるほどの「モラハラ」とは、一体どのようなものなのか。織田氏の裁判における争点や過去の判例について、職場でのハラスメント問題を10年以上にわたり取り扱っている、安西法律事務所の荻谷聡史弁護士に聞いた。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年11月21日の社会記事
「織田信成“モラハラ提訴”「陰口や無視で賠償金を勝ち取れるのか?」判決を分ける4つの争点」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    監督の方が立場が上だし、織田さんの言うことは正論。ただ、濱田コーチが結果を出していることで関西大学に優秀な選手が集まっていることも事実。大学がどちらを守るかは言うまでもない。

    4
  • 匿名さん 通報

    なんだかよく分からない。「いじめられた」みたいな印象。裁判にまでしちゃったので今後は不明だけど、フィギュアのイメージはガタ落ち。会見せずシークレットに進めれば良かったのに?

    4
  • 匿名さん 通報

    濱田美栄 コーチ のモロハラはあると思う。指導者の立場は監督の織田信成が上だ。好き勝手にしてきたのが出来なくなった。新参者が気に入らない。スポーツマンシップなんて どの競技にも無いんだな。

    3
  • 匿名さん 通報

    「オンナの陰口」に一石を投じるということで、いいんですかね?

    3
  • 匿名さん 通報

    スポーツ界は どこも真っ黒。応援する気持ちがなくなる。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。