安倍総理が単独インタビューで明かした“人事の要諦” 今井補佐官も北村局長も「イエスマンではありません」

 11月20日に憲政史上最長の在任期間に達した安倍晋三首相。森友加計問題など政権を揺るがす疑惑を抱え、ここに来て桜を見る会を巡る問題も浮上しながら、最長政権を実現した秘訣は何なのか。安倍首相が今回、 「文藝春秋」12月号 の単独インタビューに応じた。


 聞き手を務めた政治ジャーナリスト・田崎史郎氏が明かす。


「長期政権が続いている要因は幾つかありますが、その一つが人事です。閣内では、麻生太郎副総理、菅義偉官房長官という骨格は政権発足以来、変わっていません。一方で、官邸の官僚を見れば、今井尚哉首相秘書官や北村滋国家安全保障局長を巡る人事が注目を集めています。この人事について、首相に質問をぶつけてみました」


安倍総理が単独インタビューで明かした“人事の要諦” 今井補佐官も北村局長も「イエスマンではありません」

■「彼らは決してイエスマンではありません」

 安倍首相は今年9月、今井尚哉首相秘書官を首相補佐官兼務とし、内閣情報官だった北村滋氏を国家安全保障局長に任命した。今井氏は首相の右腕と言われる最側近官僚で、今回、補佐官兼務となったことで、より大きな権限を握ることとなった。一方、警察庁出身の北村氏が就任したのは、“外務省枠”と見られていた国家安全保障局長のポストだ。一体、首相にはどういう狙いがあったのか。


安倍 私自身は第一次政権の失敗を含め、当時の経験を今回生かしているわけですが、今井補佐官も北村局長も第一次政権では総理秘書官でした。2人ともそもそも優秀な官僚ですが、ちょっとしたミスが政権の根幹を揺るがしかねないという経験も共有しています。長谷川榮一補佐官もそうですが、仕事をしていく上においては、何をどうやるべきか、共通認識を持つことが非常に重要だと思うんです。ただ、彼らは決してイエスマンではありません。みんな私にも、言いたいことはしっかりと言います。それは、かえって気心が知れているから、言いたいことが言えるというのもあるんですよ。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年11月22日の社会記事
「安倍総理が単独インタビューで明かした“人事の要諦” 今井補佐官も北村局長も「イエスマンではありません」」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    野党がポンコツ揃いだからな。他に代わりがいない現状、一番いいのは安倍政権。引き続き隣のバカな国にすり寄る事の無いようお願いしますね!

    5
  • 匿名さん 通報

    台風被害で大変な時に野党が追及するのは桜を見る会。バカかと思う。あとそれに乗っかるクズ芸能人、石井さんw

    3
  • 匿名さん 通報

    でたらめな国にした罪は大きいよ。

    2
  • 匿名さん 通報

    来年、本気で隣のキンペーを国賓で呼ぶのだとしたら、安倍を売国奴と認識する。

    1
  • 匿名さん 通報

    どうやら安倍政権下で改憲が実現することはかなわぬようだ。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。