元KARAク・ハラを追い込んだSNSアプリの「流出デマ」画像

「歌手ク・ハラ、自宅で遺体発見」――。


 ソウル・江南警察署が最初に発表したのは、11月24日夜。現地メディアは大きな衝撃とともに、その早すぎる死を一斉に繰り返し報じた。


元KARAク・ハラを追い込んだSNSアプリの「流出デマ」画像

 ク・ハラは今年1月末に韓国の所属事務所CONTENT Yとの契約が満了した後、6月に日本のプロダクション尾木との契約を発表。11月13日には日本で初のソロシングル「Midnight Queen」を発売し、翌14日から同月19日まで東京~福岡計4カ所を回るコンサートツアーを開催した矢先のことだった。


 いったいその心中に何があったのか。ク・ハラは2016年1月にKARAが事実上の解散を迎えた後も、韓国の所属事務所を替えながらコンスタントに芸能活動を続けていた。だが2018年9月13日、当時の交際相手でヘアデザイナーのチェ・ジョンボムが「ク・ハラに暴行された」と通報したというスキャンダルが持ち上がる。一方のク・ハラも同月27日、チェ・ジョンボムを強要、脅迫、性暴力処罰法違反などの疑いで告訴。その過程で浮上したのが、リベンジポルノ問題だ。


■リベンジポルノを巡るSNSのデマ

 ク・ハラはチェ・ジョンボムについて、日頃はやさしいが嫉妬深く、他の男性の話になると豹変して激昂すると語っている。起訴内容によれば9月13日にも交友関係を巡って喧嘩となり、ク・ハラを暴行。さらに自ら撮影した「プライベートな動画」をク・ハラに送信して「芸能生活を終わらせてやる」と脅迫、ひざまずかせるなどしたという。動画は前月にク・ハラの「太もも、足、背中などを撮影した」ものだそうだ。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「元KARAク・ハラを追い込んだSNSアプリの「流出デマ」画像」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    こんなクソ記事で、亡くなった人を冒涜して金儲けか。文藝春秋社。

    5
  • 匿名さん 通報

    「ク・ハラが仕事の都合でソルリの出棺に参列できなかった時も」←ウソ。親友の死があまりにも辛くて列席できなかった。文春は嘘が大好きだな。差別丸出しだしな。

    3
  • 匿名さん 通報

    ネタにするから金になるし、韓国は芸人を送ってきて不幸な事件となる。本当にこのような不幸な事件、事故をなくしたいならば、日本は韓国に関わらない、活動させないという毅然とした対応がをしなければならない。

    3
  • 匿名さん 通報

    お前もこの記事でデマの片棒担いでいるじゃないか文藝春秋社。

    2
  • 匿名さん 通報

    デマ記事書きまくりの文春。ここにもいくつもの間違いがある。

    1
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。