「宇崎ちゃん」から小籔千豊の「人生会議しとこ」まで、昨今の表現規制で気になる事柄

 人間、誰しも気に入らない表現を見かけたら規制したいと思うものらしく、先日は厚生労働省が小籔千豊さんを起用した「人生会議しとこ」ポスターをめぐって、どこぞの患者団体が抗議するという事件がありました。


小籔さん起用「人生会議しとこ」ポスターに批判…「死を連想させる」
https://www.yomiuri.co.jp/national/20191126-OYT1T50277/


「患者にも家族にも配慮がない」「誤解を招く」 厚労省の「人生会議」PRポスターに患者ら猛反発
https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/jinseikaigi-poster


「宇崎ちゃん」から小籔千豊の「人生会議しとこ」まで、昨今の表現規制で気になる事柄

 なんですかね、これ。


 どうも「誤解を招く」とのことですが、一番誤解を招きそうなのが「小籔さんが倒れたとき、ひょっとして本当にこう思っちゃう人なんじゃないか」と思われることだと思います。いかにも小籔さんこんなこと考えてそう。実際は違うだろうし、それどころじゃないかもしれないけど。


 もともと「人生会議」とはACP(アドバンス・ケア・プランニング)のことで、いつ患者の立場になってもおかしくない私たちが、自身で望む医療やケアについて家族や医療者・ケアチームと前もって考えておき、それを共有する仕組みです。まさに小藪さんが「こんなはずじゃなかった」と語るのは、自分が死にそうなときに思ったような医療やケアを受けられない可能性をシュールにポスターで再現していることに肝があります。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「宇崎ちゃん」から小籔千豊の「人生会議しとこ」まで、昨今の表現規制で気になる事柄」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    強制している訳ではないし、逆の意見もあるだろうから話のはいいのではないのか?タブーにする方が自己中心的な人たちだと思う。両意見を聞いてから、判断したい人も多いはずだ。

    0
  • 匿名さん 通報

    小籔のは単に気持ち悪い。あの表情じゃなければよかったのでは。

    0
  • 匿名さん 通報

    「毒親」になり子供をひきこもらせて、老々介護させたいジジ・ババどもには関係ないお話かもしれないが、今の30~40代には必要な話だと思う。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュース

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「文部科学省」のニュース

次に読みたい関連記事「文部科学省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環境省」のニュース

次に読みたい関連記事「環境省」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。