中曽根康弘101歳大往生 安倍晋三と似て非なる首相像を知るための“3つのポイント”

「中曽根康弘元首相、101歳大往生」を新聞はどう伝えたか。翌日(11月30日)の各紙を読んでみた。


中曽根康弘101歳大往生 安倍晋三と似て非なる首相像を知るための“3つのポイント”

■各国首脳との記念写真でセンターをゲット

 まずこちら。「サミット写真 中央に立てた秘策」(産経


 この見出しの意味、若い方はよくわからないだろう。説明しよう。


 1983年(昭和58年)にアメリカでおこなわれたサミット(先進国首脳会議)で、中曽根首相は各国首脳が並ぶ記念写真でレーガン米大統領と「中央に収まった」のだ。


 ただそれだけのエピソードなのです。


 しかし、これが「驚きをもって国民に歓迎された」のである。


 日本の首相はそれまで端っこに写るのが常だったから、記念写真でセンターに立てただけで大騒ぎ。日本もここまで来たかとオヤジジャーナルが興奮していたのを少年だった私は覚えている。


 後年、中曽根氏が語った秘策が書かれていた。


「私はサミット前から首脳の記念撮影で中央に写ることを狙っていたんです。そうすることで日本の国際的地位が上がったことをアピールできるからね。そのためにはどうすればいいかをずっと考えていた。思いついたのがレーガンと話し続けながら撮影会場に入ればいいということだった。(略)『そのネクタイはいいね』と話しかけたんだ」(産経ニュース11月29日)


 まんまとこの作戦でセンターをゲット。この逸話からも中曽根氏のしたたかさがわかるだろう。「風見鶏」という異名の意味も。


■訃報を伝える紙面によく出ていたキーワード

あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年12月3日の社会記事
「中曽根康弘101歳大往生 安倍晋三と似て非なる首相像を知るための“3つのポイント”」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    「憎まれっ子、世に幅を利かす」(憎まれ子、世にはばかる)を体現したクソ爺、大鉈振って人生をめちゃくちゃにされたものの怨念で苦しみシネばよかったのに。こいつを称えるTV番組見てると吐き気がする!

    4
  • 匿名さん 通報

    バリクパパン(インドネシア)に従軍慰安所を創設した経緯をインタビューすべきだった、親戚のおじいちゃんが大工で海軍工兵として招集され同地で戦死してるので、ひょっとしたら創設したのかな。

    2
  • 匿名さん 通報

    日本人の悪い癖で死んじゃったりすると皆んな良い人、人殺しをした奴に対してそんなふうに見えなかった… って人を見る目がないだけじゃん

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。