警備大手ALSOKが「監視カメラ」無断撤去トラブル

 警備業界大手のALSOK(綜合警備保障)が、取引先企業の「監視カメラ」をはじめとする機械警備システムを無断で撤去してトラブルになっていることが、「週刊文春」の取材で分かった。


 ALSOKは東京五輪のオフィシャルパートナーであり、東京五輪の警備を担う共同事業体をセコムなどと設立している。


警備大手ALSOKが「監視カメラ」無断撤去トラブル

 京都で運送業などを営む岩本将健社長が告発する。


「事務所にALSOKの機械警備システムを入れていました。ところが、うちと業務委託の契約をめぐって関係が悪化すると、事前に預けていた鍵を使って事務所に忍び込み、警備機器を無断で撤去したのです。勝手に事務所に入るなんて、おかしい。日本を代表する警備会社のやることでしょうか。カメラはうちが買い取ったものですから『泥棒ではないか』と抗議をしました。その後、ALSOKが警備契約の解約同意書を偽造していたことまで発覚し、支社長らは平謝りしました」


 その際、ALSOKは「営業員による不適切な行為についてのお詫び」と題した2017年9月20日付の文書を岩本氏に渡した。その文書には「弊社営業員の不適切な行為により、貴社様に多大なるご迷惑をおかけし、信頼を裏切ってしまう結果となりましたこと、心よりお詫びを申し上げます」。「弊社営業員においてお客様との調整や社内調整が十分に出来ていなかったため、決裁を急ぐあまり解約同意書を自身で作成し、さらに社内での指摘を受け虚偽を重ねたものであり、弊社営業員の調整不足はもとより、倫理観の欠如、引いては弊社の指導・教育不足に起因するものであると考えております」。「今後、貴社の担当営業員は別の者に変更するとともに、上長による指導監督を徹底し、再発防止に努めていく所存ですので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます」などと記されている。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「警備大手ALSOKが「監視カメラ」無断撤去トラブル」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    某警備会社の裏を見たらすごかったね。怒鳴りまくりの暴力団。

    6
  • 匿名さん 通報

    文春はお友達の性犯罪は報道しないんでちゅー。

    3
  • 匿名さん 通報

    まぁ商売とは言え、安い金(会社側、頼む方にとってはそうでもない)で請け負っているから、危険な目に遭いたくないから、アラームの確認をするだけで泥棒が逃げた頃に来て警察に連絡するだけの仕事。

    3
  • 匿名さん 通報

    違法行為なんだから訴えれば?訴えないとすると何らかのやましいことが

    2
  • 匿名さん 通報

    退職した警察官僚の天下り先としての存在価値は認めてあげないとねwww

    2
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。