虚淵玄と東山彰良を虜にした「台湾布袋劇」。その強烈な魅力とは

虚淵玄と東山彰良を虜にした「台湾布袋劇」。その強烈な魅力とは

『魔法少女まどか☆マギカ』をはじめ人気アニメの脚本を多数手掛ける虚淵玄(ニトロプラス)が台湾の伝統芸能「布袋劇(ほていげき)」に惚れこみ、映像作品として日本に持ち込んだ。一方、台湾をルーツとする東山彰良もこのほど刊行した最新長篇でまさに「布袋劇」をキーアイテムとして描いてみせた。なぜこれほどにそそるのか。常に大胆なモデルチェンジを繰り返し、新しい演出に挑戦し続ける、台湾の極上エンタメのいまに迫る。


◆◆◆


■コンビニで毎週5万~6万本売れている「布袋劇」

東山 虚淵さんが台湾布袋劇の最大手「霹靂社(へきれきしゃ)」と組んで制作された映像作品『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(以下『サンファン』)を見てたまげました。これ本当に僕が知ってる布袋劇? と慄くぐらい進化していたので。


虚淵 布袋劇の発祥は17世紀といわれているそうですが、台湾では昔からテレビでも盛んに放映されていて、いまでも大人気の国民的コンテンツなんですよね。台湾ご出身の東山さんのほうが僕よりずっとお詳しいでしょうけれども(笑)。


東山 いやいや、今日はぜひいろいろ教えて頂きたくて。僕は10歳になる前に日本に移り住んでしまったし、布袋劇は子どもの頃に見ただけで、現在の形になるまでにどんな飛躍があったのか、プロセスを全然知らないんです。いまはDVDがコンビニでも売られているそうですね。


虚淵 そうです。霹靂さんは、1話70~90分の映像を2話分、毎週リリースしてます。お客さんは週刊コミック誌を求めるように買っていく。値段も数百円程度で、若い子たちも気軽に購入しているみたいです。ストーリー展開は大胆だし、演出もド派手で、めちゃくちゃ面白いんですよ。コンビニで毎週1話5万~6万本出ているとか。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 内村光良 MC
  2. 内村光良 新番組
内村光良のプロフィールを見る
文春オンラインの記事をもっと見る 2017年6月9日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「内村光良 + MC」のおすすめ記事

「内村光良 + MC」のおすすめ記事をもっと見る

「内村光良 + 新番組」のおすすめ記事

「内村光良 + 新番組」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「生田斗真」のニュース

次に読みたい関連記事「生田斗真」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。