稲田朋美の不始末に“保守おじさん代表”「読売」「産経」が怒る怒る怒る

 上半期でもっとも「勝った」のは誰だろう。将棋の藤井聡太四段の29連勝は圧倒的だった。


 でも藤井四段に負けず劣らず、勝ちっぱなしの半年間を送った人物がいる。稲田朋美防衛大臣である。


 あれだけ失言や問題発言を繰り返しても「辞めさせられない」「地位は安泰」って最強ではないだろうか。間違いなく勝ちっぱなしだ。


稲田朋美の不始末に“保守おじさん代表”「読売」「産経」が怒る怒る怒る

■この半年、事あるごとに「読売社説」は稲田防相を叱っていた

 では稲田大臣の「連勝記録」を振り返ってみたい。なにぶん件数が多いのでまとめが役立つ。


「稲田朋美防衛相の就任後に起きた資質を巡る問題」(毎日新聞・6月29日)を参考にする。


 最初は2月の南スーダン。衆院予算委員会で、日報に「戦闘」の語句があったことに対して「憲法9条上の問題になるので『戦闘』ではなく『武力衝突』の言葉を使っている」と答弁。まず1モメ。


 この発言に対し、苦言を呈したのは「読売新聞」2月10日の社説である。


《やや疑問なのは、稲田氏が「憲法9条上の問題になる言葉を使うべきではないから、武力衝突と使っている」と答弁したことだ。憲法上の問題があるのに、表現で糊塗しているかのような誤解を招きかねない。稲田氏には、より慎重で的確な発言を求めたい。》


「読売」は、「自衛隊の活動には問題ない」という政府見解は「妥当」という立場なので、稲田大臣には「誤解を与えるようなことは言うな」と叱っている。


稲田朋美の不始末に“保守おじさん代表”「読売」「産経」が怒る怒る怒る

 続いて3月。稲田大臣は教育勅語について「精神は取り戻すべきだ」と参院予算委で答弁。これで2モメ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2017年7月7日の社会記事
「稲田朋美の不始末に“保守おじさん代表”「読売」「産経」が怒る怒る怒る」の みんなの反応 54
  • 匿名さん 通報

    なんだろなぁ。この人からリーダーのオーラを全く感じない。基本的に下っ端の顔つきしてる。安倍としてはそこが使いやすいんだろうなぁ。能無し上司に能無し部下。会社ならつぶれてる。

    129
  • 匿名さん 通報

    似合わないメガネに網タイツでもともと場違い。籠池の顧問弁護士で自衛隊の政治利用。議員辞職というより逮捕されてもいいんじゃない?

    121
  • 匿名さん 通報

    政権の七不思議に近い話だけれど、本当によく庇った。安倍氏はこんな人でも自分の後継者になれると思ったのかな。確かに能力的にはそれに近い。でももうだめだよ、バレすぎた。

    93
  • 匿名さん 通報

    珍しく反論がない

    54
  • 匿名さん 通報

    神輿は超軽いのがいいんじゃない?

    40
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「囲碁」のニュース

次に読みたい関連記事「囲碁」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。