元NHKアナが早期退職で福祉施設職員に転身した理由

元NHKアナが早期退職で福祉施設職員に転身した理由

▼〈発信 私の第2幕 アナから福祉施設職員へ 内多勝康さん〉5月28日朝刊、日本経済新聞(筆者=久永純也)


「長い物には巻かれろ」の風潮が強まっているように感じる。騒いだところで世の中は変わらない。ならば強い者の側に付き、おこぼれに与かった方が“得”ではある。


 超高齢化と人口減少によって、日本経済は確実に縮小傾向に入っている。それでも企業は利益を上げようとするので、働く人への負担が強まる。「ブラック企業」が増えるのも当然だ。多くの人は仕事や生活を守るのに精いっぱいで、“得”にもならないことなどに構っていられない。そのせいか、他者への関心さえも失われつつあるように映る。


 私は普段、アジアの途上国出身の外国人労働者と取材で接しているが、彼らは東京の人たちの「冷たさ」をよく口にする。それは私自身も東京で暮らしていて実感することだ。狭い歩道ですれ違う相手に道を譲っても、目も合わせずに去っていく。電車の車内でぶつかっても知らん顔……。関わっても“得”にならない相手に甘い顔など見せたくないのか。それとも、余裕のなさの表れなのか。


 人間関係の濃厚なアジア諸国からやってきた外国人たちは、日本人にも増して人の「冷たさ」に敏感だ。とりわけ東京のような、他者への無関心が蔓延る都会には居心地の悪さを覚える。「おもてなし」など日本人が得意とする「建前」に過ぎず、実際には自分たちの“得”のため、外国人を都合よく利用したいだけだと見抜いてもいる。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2017年7月11日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。