ご存知ですか? 9月21日は『週刊少年ジャンプ』で『こち亀』の連載が始まった日です

 秋本治のマンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(略称『こち亀』)は、いまから41年前のきょう、1976(昭和51)年9月21日発売の『週刊少年ジャンプ』42号より連載がスタートした。


 当時23歳だった作者の秋本治は、『こち亀』の舞台である東京の下町・葛飾区出身。ヤングジャンプ賞に同作を投稿して入選し、まず単発で『少年ジャンプ』1976年29号(6月22日発売)に掲載されてデビューした。主人公の巡査・両津勘吉のほか、彼の同僚で財閥の御曹司の中川圭一もこの単発版にすでに登場している。ただし、このときの作者の名義は「山止(やまどめ)たつひこ」と、当時の人気マンガ『がきデカ』の作者・山上たつひこの名をもじったペンネームだった。これは連載でもそのまま採用された。しかし、このあと、秋本は大それたことをしたと編集部に申し入れ、『ジャンプ』1978年41号の連載100回目より本名に改める。ちなみに、両津の同僚の女性警官・秋本麗子は、秋本治の名前を定着させるため、当初は一発キャラの予定で登場させたものだとか。


ご存知ですか? 9月21日は『週刊少年ジャンプ』で『こち亀』の連載が始まった日です

 スタート時の『こち亀』は、劇画調のシリアスなタッチで、両津も何かにつけて拳銃を撃ちまくる、かなりこわもてなキャラクターだった。それが年を追うごとに、両津はマニアックだったり、人情に篤かったりとさまざまな面を見せるようになる。登場人物も増え、作品の世界はどんどん広がっていった。1983年には連載7周年を迎え、『少年ジャンプ』では最長となり、以後も記録を伸ばし続ける。

...続きを読む

あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2017年9月21日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。