ご存知ですか? 12月22日は「日本のビール王」高橋龍太郎の命日です

 いまから50年前のきょう、1967(昭和42)年12月22日、実業家・政治家の高橋龍太郎が92歳で死去した。1875(明治8)年7月15日に愛媛県の造り酒屋に生まれた高橋は、第三高等学校(現在の京都大学)工学部を卒業後、大阪麦酒に入社。ドイツに派遣されて、日本人として初めてビール醸造を学んだ。1906年、大阪麦酒・日本麦酒・札幌麦酒の3社が合併して大日本麦酒が発足して以後、幹部職を歴任、37年には取締役社長となった。だが、終戦直後の49年、大日本麦酒はGHQの指令による過度経済力集中排除法の適用で、日本麦酒(現サッポロビール)と朝日麦酒(現アサヒビール)に分割され、これを機に高橋は社長を辞任する。この間、46年に貴族院議員に勅選され、翌年には第1回参院選に当選した。


■サッカーと野球でも“偉い人”

「日本のビール王」と呼ばれ、財界人として日本商工会議所会頭、政治家として第3次吉田茂内閣の通産大臣も務めた高橋は、サッカーと野球の世界にも大きな足跡を残している。


ご存知ですか? 12月22日は「日本のビール王」高橋龍太郎の命日です

 サッカーについては1947年、日本サッカー協会の会長に就任、戦後の困難な時期にあって同協会の再建に努めた。これは戦死した子息が、旧制松山高校から京都帝国大学時代にかけてサッカーに打ち込んでいたという縁から引き受けたものであった。48年には、全日本選手権の天皇杯を拝受している。こうした貢献により、没後の2005(平成17)年、第1回サッカー殿堂に選出された。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2017年12月22日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。